わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

きくちちきを見る

 五時四十五分起床。秋分の日。休日だが、平日と同じ時間に起きた。目覚めた直後は小雨がぱらついていたが一時間もするとやみ、もう一時間すると空が陽射しで明るくなり、途切れ途切れではあるが青空も見えはじめた。読書。

 掃除を済ませてから、妻のiPhoneの設定のつづき。docomoのSPメール、そして会社のメールを使えるようにした。

 昼食後は妻と外出。西荻窪自転車店「サイクルスポット」で折畳み自転車を購入。若い女性の店員がわかりやすく丁寧に対応してくれた。こういったショップの店員はえてして詳しすぎて下手に質問すると怒られそうなちょっとコワイ人が多いのだが、女性だとその敷居が一気に下がる気がする。本当はかなり詳しい型なのだろうけれど。4万円くらいかな、と考えていたのだが、登録料や別売りのライト、鍵などを合わせても3万円でたっぷりお釣りが来た。夕方にまた来ると伝え、セッティングをお願いした。

 歩いて吉祥寺へ。途中で江口寿史を見かけた。

 

step ― Eguchi Hisashi Illustration Book ―

step ― Eguchi Hisashi Illustration Book ―

 
KING OF POP 江口寿史 全イラストレーション集
 
ストップ!!ひばりくん!コンプリート・エディション 第1巻

ストップ!!ひばりくん!コンプリート・エディション 第1巻

 

 

 妻のコンタクトレンズ、そして吉祥寺美術館で開催中の、絵本作家きくちちきの個展「しろ と くろ」を見る。躍動感と意外な想像力に溢れた、子どもの視点を、そして親の視点を大切にした作風。タッチだけ見るとミロコマチコに似ているのだが、動物や植物、昆虫、そしてニンゲンを含むありとあらゆる生物に対する愛、生命に対する畏敬の念に溢れている。

www.musashino-culture.or.jp

 

しろとくろ (講談社の創作絵本)

しろとくろ (講談社の創作絵本)

 
ねこのそら (講談社の創作絵本)

ねこのそら (講談社の創作絵本)

 
しろねこくろねこ (絵本単品)

しろねこくろねこ (絵本単品)

 
やまねこのおはなし (こどもプレス)

やまねこのおはなし (こどもプレス)

 
ぱーおーぽのうた

ぱーおーぽのうた

 
みんなうまれる

みんなうまれる

 
ちきばんにゃー

ちきばんにゃー

 

 東急百貨店の北海道物産展で海鮮弁当を購入し、西荻で自転車を受け取ってから帰宅。

 

 安藤礼二「純粋天皇の胎水」(「群像」2019年10月号掲載)読了。問題作『セヴンティーン』から傑作『万延元年のフットボール』あたりまでの大江健三郎論。折口の民俗学の影響があることはよく言われていたけれど、影響なんて一言では済まされないほど緻密に世界が構築されていること、そして三島の思想との類似性と違いが明確化されていて、非常に読みごたえがあった。これを読んでから『万延元年』を読み直すと、新たな発見だらけになりそう。

 

 

折口信夫

折口信夫

 
大拙

大拙

 
場所と産霊 近代日本思想史

場所と産霊 近代日本思想史

 

 

万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)

万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)