わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2008-06-01から1日間の記事一覧

佐伯一麦『ノルゲ』読了

妻の留学期間が終わり、帰国の準備をするところで物語は終わる。 四季の移ろい、「The Birds」というノルウェーの小説、鳥の鳴き声などを巧みに織り交ぜながら、主人公の精神のゆるやかな恢復を、技巧的な文章は極力抑えながらも、圧倒的な構築力でもって描…

惑わされる/摘むとくさい

六時三十分に起きようと思っていたが、目が覚めると花子が腕枕で気持ちよさそうに寝ている。これでは動けない。起き上がるなどもってのほか。十五分ほどそのままでいた。 新聞を取りに行ったついでに、川のそばまで、ほんの数十歩ではあるが歩いてみる。久々…