わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2008-11-16から1日間の記事一覧

古井由吉『楽天記』

「白い蚊帳」。主人公の入院と、頸椎手術。おそらくはご本人の実体験がもとになっている。以後、このエピソードは形をすこしずつ変えながら、古井作品にしょっちゅう登場することになる。白い蚊帳とは、手術後、首を装具で固められベッドで仰向きを強制させ…

大玉転がしからおっさんおばはんへ/呼吸が浅くなっている

大玉転がしの玉が転がっているかと思えば、場面はたちまち切り替わり、カルチャースクールだろうか、こぎれいだがどこか雑然とした教室になっている。おっさんおばはんがうろうろしている。その状態が、長くつづいたのか、それとも短く途切れたのかはよく覚…