わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2010-11-11から1日間の記事一覧

大庭みな子『啼く鳥の』

大庭のデビュー作だったような。実は、まともに読んだことはない。短編を読んだ程度。しかも内容はまったく覚えていない。啼く鳥の作者: 大庭みな子出版社/メーカー: 講談社発売日: 1985/10メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る大庭みな子の作…

週刊モーニング

「島耕作」が、急に「加治隆介の(息子の)議」に変わってしまった。そんな内容。 「西遊妖猿伝」はベッタベタな少年冒険活劇的展開になっている。社長 島耕作(7) (モーニング KC)作者: 弘兼憲史出版社/メーカー: 講談社発売日: 2010/10/22メディア: コミッ…

不完全な休日

五時五十五分起床。1が並ぶゾロメの日に、5が並ぶゾロメの時間に起床したことになる。ちょっとうれしい。 今日と明日は仕事がぽっかり空いているので、オフということにした。夏休みは取らず、それどころか休日返上で働くことが多かったのだから、たまには休…