わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

古井由吉『栖』

「首」。狂い方が激昂の方向へ向かっていた佐枝は、精神病院への通院と薬の服用を境に、内に沈むようになる。岩崎は、佐枝の面倒を徹底的に見ようと決心する。家事と会社勤め、不安定な妻の相手、と負担は増える。ただ、赤ん坊の存在だけが、ひたすらに明るい。

栖 (1979年)

栖 (1979年)

聖;栖 (新潮文庫)

聖;栖 (新潮文庫)

古井由吉の作品はこちら