わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

川崎徹「日記と周辺」

「群像」5月号掲載。川崎さんの家族を題材にした一連の私小説風の作品は気に入っている。本作では母の病気と死、そして母の残した日記について書かれているのだが、ちょいちょい妙な、身辺雑記とも幻想とも付かないエピソードが挟まれている。意図はまだよくわからない。

群像 2012年 05月号 [雑誌]

群像 2012年 05月号 [雑誌]

川崎徹の作品はこちら。