わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

意外にも平穏な二月最後の日

 二月最後の日。ぼくのやっている会社は三月に設立したので二月が決算月。というわけで、第十五期最後の日なのだが、あいにく土曜だ。まあ、曜日なんてあまり関係ないのだが。
 四時三十分、自然に目が覚める。(いつもならこのタイミングで花子に朝ゴハンを与えるのだが)トイレに入り、麦次郎の様子を見て、二度寝を決め込む。気付いたらうつぶせになって寝ていた。首が痛い。
 六時三十分、きちんと起床。厳しくはないがそれなりに冷え込む朝。外気より床からの冷気のほうがタチが悪く、寝ていると背中全体が面で冷えてくる。ベッドは使っておらず、敷布団は腰痛患者用のメッシュ状になっている体重分散マットみたいなものにシーツをかぶせているだけなので、床の冷えは本当に厄介。でもこの寝方を変えるつもりはない。
 午前中は掃除に精を出す。先週は花子が大変な状況だったので、恒例の週イチ念入り掃除ができなかった。今日はさぞかしホコリだらけだろうと思いきや、意外にそうでもない。
 パスタで昼食。
 午後は仕事。残り数ぺージで手が止まってしまっていた某案件の企画書を一気に仕上げる。昨日までは何を書いたらいいのか皆目見当が付かなかったというのに、手を動かしはじめると、すらすらと書くべきことが出てくるから不思議だ。
 十七時、コーヒーを飲みながらMX「週刊リテラシー」。鈴木奈々がお休み。代打で手島優が出ていた。
 十八時、ランニングへ。二月は一回しか走れなかった。かなり体がなまっている気がしたので、10kmくらいは走りたかったが、ひとまず6.5kmに抑えた。35分。
 夕食はひさびさの具ゴロゴロカレーとカブのサラダ。どちらも好物なのでうれしい。そういえば、料理もしばらくしていないなあ…。