わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

『金井美恵子自選短篇集 恋人たち/降誕祭の夜』

 最後の短編「原色図鑑」。メタ小説というか、小説論小説というか……。80年代のニューアカ的な雰囲気から影響を受けまくっている感じ。今の金井さんはもっと肩の力の抜けた小説が多いような。それでも文体は研ぎ澄まされているし、意地悪なユーモアもキラリと光っているわけだけれど。

 

 金井美恵子の作品はこちら。