わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

「30年後の世界--作家の想像力」

 いしいしんじ「できそこないの王国」。先に読んだ二作とうってかわって、クルマは自動運転となり、人の記憶はメモリーに保存されてホログラム的に再生したり疑似人格として存在しつづけたりできるような未来が舞台。主人公たちは、まだ自動車がガソリンで動いていた時代から生きていた祖父の骨壺を持って海へと向かう……。

 三十年でここまで進歩するかな、という感じはしなくもないけど。まだ読み終わってないからわかんないや。

 

群像 2016年 03 月号 [雑誌]

群像 2016年 03 月号 [雑誌]

 

いしいしんじの作品はこちら。