わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

星野智幸『われら猫の子』

 奥さんが猫作家で、自身も猫好きのぼくが買うのだから、きっとかわいい猫物語なのだろう、なんて思ってはいけない。星野のダークサイド噴出のドロドロ短編集。「群像」の書評では、この作家を知るには非常にコストパフォーマンスが高い、といったことが書かれていた。

われら猫の子

われら猫の子