わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

冴えと混雑

 五時三十分起床。曇天。忙しいからだろうか、夜中に何度も目が覚めているのだが、そのわりには目覚めがよい。疲れや眠気を引きずることなく、シャキシャキと身支度ができている。

 仕事。朝イチで案件Aのコピー案を仕上げてメールで送付し、昨夜打ち合わせをした案件Bの要点を整理し、大判パンフレットの案件Cのコピーを書き始めた。よくわからない状態になってしまったので、急がず、丁寧に手を動かし、アタマを動かした。

 夕方、喘息の定期検診のために近所のクリニックへ。16時40分に予約したのだが、診察の順番が回ってきたのは17時40分ごろ。さすが風邪とインフルエンザの季節。一時間たっぷり待つことになった。診察室に入ると電子カルテのディスプレイが置いてあったから、紙のカルテから切り替えたために診察時間(というよりカルテへの記入時間)がいつもより伸びているのかもしれない。

 夜はウォーキングへ。日曜日の夜のランニングで感じたふくらはぎからヒラメ筋にかけてのこわばりというか違和感は、月曜には軽い痛みになっていたが、もうかなりわからなくなっている。ひとまず今週末は(雨の確率も高いことだし)ランニングは休む予定。

 

 

 

冴えと混雑

 五時三十分起床。曇天。忙しいからだろうか、夜中に何度も目が覚めているのだが、そのわりには目覚めがよい。疲れや眠気を引きずることなく、シャキシャキと身支度ができている。

 仕事。朝イチで案件Aのコピー案を仕上げてメールで送付し、昨夜打ち合わせをした案件Bの要点を整理し、大判パンフレットの案件Cのコピーを書き始めた。よくわからない状態になってしまったので、急がず、丁寧に手を動かし、アタマを動かした。

 夕方、喘息の定期検診のために近所のクリニックへ。16時40分に予約したのだが、診察の順番が回ってきたのは17時40分ごろ。さすが風邪とインフルエンザの季節。一時間たっぷり待つことになった。診察室に入ると電子カルテのディスプレイが置いてあったから、紙のカルテから切り替えたために診察時間(というよりカルテへの記入時間)がいつもより伸びているのかもしれない。

 夜はウォーキングへ。日曜日の夜のランニングで感じたふくらはぎからヒラメ筋にかけてのこわばりというか違和感は、月曜には軽い痛みになっていたが、もうかなりわからなくなっている。ひとまず今週末は(雨の確率も高いことだし)ランニングは休む予定。

 

 

 

今日の事件簿

  • ずっとバッタバタ事件
  • 久々の楽器街事件
  • 待ち合わせ場所を間違った事件
  • 迷宮になっているらしい事件
  • 一人残ってお仕事事件
  • 移動してまたお仕事事件
  • MONO消しゴム買った事件
  • なるほどそういう構成ですね事件
  • 撮影チームよろしくお願いいたします事件
  • 貴一と吉祥寺事件

 

 

 

今日の事件簿

  • 数字数字数字事件
  • 出かけてまた数字事件
  • 餅米と餅事件
  • すべった事件
  • たきらしいんですよ事件
  • またまたありがたい事件①
  • またまたありがたい事件②
  • ニラ玉ってこんなにおいしかったっけ?事件

 ▼覚え書き的に。

 

 

町田康「神xyの物語」

「群像」2020年1月号の短篇特集に掲載。要するに古事記の冒頭ですが、町田節全開。『記憶の盆をどり』がかなり評判いいので、読んでみようと思っている。『ホサナ』が自分には合わなくて、途中で読むのをやめちゃったんだけどねえ。他の作品は結構読んでる。

 

 

群像 2020年 01 月号 [雑誌]

群像 2020年 01 月号 [雑誌]

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/12/07
  • メディア: 雑誌
 

 

 

しらふで生きる 大酒飲みの決断

しらふで生きる 大酒飲みの決断

  • 作者:町田 康
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2019/11/07
  • メディア: 単行本
 
告白 (中公文庫)

告白 (中公文庫)

 
記憶の盆をどり

記憶の盆をどり

  • 作者:町田 康
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/10/02
  • メディア: 単行本
 
湖畔の愛

湖畔の愛

  • 作者:町田 康
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/03/22
  • メディア: 単行本
 

 

一月に素麺

 六時二十分起床。ちょっと体調が悪いようだ。昨夜、就寝直前は鼻水が止まらなくなり、夜中は鼻水こそ止まれども逆流性食道炎の痛みで目が覚めてしまい、薬を服用。疲労だろうか。よくわからない、がひとまずいつもより四十分ほど余計に寝てみた。

 日曜日だが仕事。某金融系案件。よくわからないままに進めていたが、なんとなく見えてきた。

 昼食は、妻がどこぞで買ってきた上等そうな「温麺」とパッケージに書かれた麺を食べようということになったのだが、よくよく読んでみると温かい麺という名前だというのに、中身はズバリ素麺だった。にゅうめんにして食べるのもなんだかね、ということになり、結局冷たい状態にして食べた。一月に素麺。だが、これが意外にイケる。

 

▼写真をよく見ると、素麺以外の何モノでもない。だが、商品名にダマされる。温かい麺、温かいつゆだと思い込んじゃうよ。

f:id:catkicker001:20200119231537j:plain

 

Amazonで検索してみたら、同じ商品名のものはすぐヒット。ぼくら夫婦が知らなかっただけで、実はポピュラーなのかな。

白石興産 だるま白石温麺 100g×3×5袋
 

 

▼同じパッケージの商品も見つかった。 

 

 

 夜はランニングへ。10kmくらい走ろうと思っていたのだが、3kmくらいでふくらはぎに強ばりを感じたので引き返した。

 

 

 

ゴルチェと抽象画

 今朝も五時四十分起床。雨。日中には雪に変わったようだが積もることはなかった。氷雨、というタイトルの演歌を思い出す。

 ゴルチェがクチュール引退というニュースが入ってきた。ま、デザイナー引退ということではないらしい。大学生の頃大好きだったデザイナーの一人だが、オンワードのライセンス契約が終了し、プレタポルテではなくオートクチュールでコレクションを発表するようになってから、遠い存在のブランドになってしまったのが本当に残念だった。もっと年上の山本耀司川久保玲三宅一生といった当時好きだった(ヨウジは今も好きだけれど)はなおがんばっている。ファッション業界もだいぶ変わってしまったが、彼らにも、そして新しい世代にも頑張ってもらいたい。…そういえば、ゴルチェの服は若い頃はいくつか持っていたしよく着たけれど、今は一着も手元に残っていないなあ。

 午前中は掃除、午後は仕事。

 西荻窪のギャラリー「数寄和」のオーナーから連絡があった。コレ。最近はなぜか抽象画に惹かれているので、見に行こうと思う。明日も仕事なので、別の日かな。

f:id:catkicker001:20200118190825j:plain

sukiwa.net