わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

いつの間にかいつもと同じ

 四時五十分、外の明るさで目が覚めた。日の出はまだだろうが陽射しは地平から漏れているようで、家々が連なるこの東京でも、それなりに空を、薄暗くではあるが照らしてくれる。その微かな明かりに目が反応してしまった。二度寝を決め込んだが、五時二十分にもう一度目が覚めた。もう眠れないだろう、と観念して起き上がる。早く起きた分だけ身支度は緩慢で、だらだらと着替えたり顔を洗ったりしているうちに、いつの間にかいつもと同じ時間になった。

 仕事。三十分だけ新しい事業のアイデア出しをしてから、別の案件に取り掛かる。昨夜、あらかた終わらせておいたので、確認や推敲という段階。これも一時間で終わらせることができた。その後はさらに別の案件。やることはそれなりに多い。この忙しさが心地よい。

 夕方、妻とウォーキングへ。まだ暑さがしぶとく残っているが風が強いのでバテるほどではない。梅雨は明けたというが、空の色はまだ初夏のそれで、真夏の入道雲は見つけられず、春先によく見る綿を薄く薄く引き伸ばしたような雲が霞みながら広がったりちぎれたり、不思議なカタチをつくったりしている。

 夕食はカレーを食べた。食べながら「アメトーーク」の菓子パン芸人を観た。懐かしい商品ばかり。新しいモノは全然知らないなあ。

 

 井戸川射子「この世の喜びよ」(「群像」2022年7月号掲載)。ショッピングセンターの喪服売り場で働く既婚の、五十代くらいだろうか、女性の日常。

 

 

 

あれ、三人は友達だったの?

 今朝も五時四十分起床。デルタ株で亡くなった中学・高校時代の友人が夢に出てきた。もう一人の友人と三人でラーメンを食べていた。高校卒業後、学校のすぐそばにあってそれぞれが別の友達を連れてよく行っていたラーメン屋さん(というか町中華だね)に三人で行ったら、お店のおばちゃんに「あれ、三人は友達だったの? 一緒に来たことはなかったよね」と言われたのを思い出した。この店は、ぼくの父のお気に入りでもあった。今もあるのだろうか。

 朝、一時間ちょっとだけ仕事。その後は掃除、シーツの洗濯、アイロン。外は三十六度、六月としては観測史上最高の暑さらしい。

 昼食は乾麺のそば。DEENのナントカさんがテレビで紹介していた食べ方をしてみた。温めためんつゆ、黒胡椒、レンジでチンして乾燥させた鰹節、ネギ。目先が変わって楽しい味。

 午後は読書。その後、アキレス腱炎がかなりおさまってきたのでリハビリウォーキングへ。ランニングの格好で足にはサポーターを付け、尻や腿を使うことを意識して善福寺川沿いを7kmくらい歩きつづけた。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 五十畑裕詞 (@catkicker001)

 

 夕食はポークソテーを焼いて食べた。上手に焼けたと思う。食べながらNHK日曜美術館」。ミロ展の紹介。戦争に翻弄されたことはなんとなく知っていたが、具体的なことは知らず、ちょっとせつなくなった。瀧口修造との友情のエピソードと彼との合作もおもしろかったなあ。

 

 鷲田清一「所有について(15) 清潔という名の強迫」(「群像}2022年7月号掲載)。固有・所有を表す“propre”が清潔という意味も持つことから、所有という概念と清潔/汚穢の概念の接点を探っていく試み。ジュリア・クリステヴァが引用されている。この名前、久々に聞いたなあ。名前と概念を少し、という程度で、著作はまったく読んだことないけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝の身支度のせわしなさが

 五時四十分起床。ここ数日、朝からT字カミソリでヒゲを剃っているが、ちょっとだけ手元が狂い、顎から軽く出血。たいしたことはないのだが。これは不器用というよりは、きちんと肌を温めない、カミソリを早く動かしすぎる、と朝の身支度のせわしなさが原因とみた。ま、だったらやるなということだが、なんとなく続けたい気になっている。

 午前中はせっせと掃除。

 チルドの冷やしカレーうどんで昼食。うまし。

 午後は書斎に仕事。先日取材した案件を黙々と。

 夕方、妻とウォーキング。歩いたり小走りカーフレイズしたりという程度ではアキレス腱はまったく痛まないのだが、腱を指でつまむと、微かに痛みを感じる。ほんの少しだけ慢性化しているという程度。今週まで休養にして、来週末に短めのスロージョグで様子を見てみる予定。

 

 若松英輔「見えない道標(13)」(「群像」2022年7月号掲載)。この作者は同世代なのでシンパシーを抱きつつも、まったく違う家庭環境でまったく違う教育を受けているので、こんなにも違うものか、という違いもしっかり感じている。今の自分が、そして自分のこれまでのさまざまな経験は、過去の自分の興味対象と学びからできあがっているんだよなあ、と実感。勉強と学びの違いについて、白川静などを引合に出して考察しているところは特におもしろかった。

 

 

 

 

今日の事件簿

  • ちょっとお休みしてみた事件
  • どんどん送る事件
  • 銀行ガラガラ、かと思ったらいつの間にか混み混み事件
  • 1,000円入れてみた事件
  • 不思議なパンを三種類事件
  • 葵が何度も遊びにくる事件
  • ひとまずこれでOK事件
  • なるほど七月ですか事件
  • なんとなく龍の頭事件
  • えんえん週報事件

新たな発見のようでいて実は単なる勘違い

 五時四十分起床。目覚ましのアラームはiPhoneの機能をちょちょいといじって、プリインストールされているアラームではなく、お気に入りの曲にしている。海外の電子音楽のミュージシャンのものなのだが、たいてい鳴りはじめて2秒で止める。今日はどういうわけかそれができず、しばらく、といっても10秒程度だが、しっかり聞いてしまった。こんな曲だったっけ? という新たな発見のようでいて実は単なる勘違いなわけだが、そんな感覚に早朝からとらわれた。

 仕事。九時から某案件のZoom 打ち合わせ。男性のご担当者と一対一だったのだが、先方が朝から爽やかな笑顔で話しかけてくるのがスゴイと感じた。自分はそんなことができるだろうか。ま、比べる必要はないわけだが。ぼくは相変わらず、打ち合わせ中はうーん、うーんと唸りながら、アイデアをひねりだしたり、考えを積み上げたりばかりしている。

 打ち合わせが終わったところで、左手首にあせもができているのに気付いた。意識すると猛烈にかゆくなる。おそらくApple Watchをつけっぱなしにしているからだろう。シリコンバンドは汗が溜まるということか。それならば、とAmazonでナイロンバンドを注文してみた。汗まみれになりそうだかから一夏で寿命だろうな、と考え、コスパのいいサードパーティ製にしてみた。

 その後は打ち合わせした案件の対応、そして別件の資料確認。

 午後からは別の新規案件に取り掛かった。一年半前に提案したものが今になって、ちょっと違ったカタチで動きはじめた。こんなこともあるんだなあ、と思いながら作業。複数案を再提案する必要があるのだが、そのうち1案はマンガにすることになっている。たった8コマだが、そのストーリーをつくるのにかなり時間をつかった。昔はスラスラとネームを書けたのだが、ここ数年は4コマ以上のマンガのネームをつくっていなかったので、当然かもしれないが、すらすらとはいかず。何度も何度も手を加えたりやり直したりをし続けた。

 夕方、妻と軽くウォーキング。バラが終わりかけている。葵か芙蓉か木槿か、よくわからないが、あの手の花が咲いているのを見かけた。夏だ。

 

 多和田葉子「太陽諸島(最終回)」(「群像」2022年7月号掲載)。議論と口論のあいだ、みたいな会話が延々とつづいている。