わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

「自由でいいじゃん」の一言で

 五時四十分起床。久々の土日完全休日と思いきや、仕事のメールはちょいちょい届き、その都度、軽くではあるが対応している。好きなことなのだから苦ではないが、働き方改革という言葉が一種の暗示のようになって、そんなことしていていいの、という疑問をつい感じてしまい。変に法律やら常識やらで規制されるよりも、「自由でいいじゃん」の一言で軽く済ませられるような社会のほうが望ましいと思っているのに、気付けばその反対の状況に自分がいることになる。こうなると、何が正しいのか、さっぱりよくわからなくなる。

 午前中は掃除、アイロン。午後はAmazonプライムで「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」を観た。今まで観たガンダム映画の中で、イチバンよかったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

工藤庸子「文学ノート・大江健三郎 Ⅰ 敗戦と小説について 大岡昇平×大江健三郎(2)」

「群像」2022年10月号掲載。大岡の『俘虜記』を中心に。『俘虜記』は大学生の頃に読んだが、とっ散らかった印象でよくわからなかった。テーマが明確でストーリーもわかりやすい『野火』のほうが夢中になれたのだが、今読むと、包括的かつ多面的、そしてリアルな視点で捕虜の日常や終戦を迎えた時の様子を描いた『俘虜記』のほうがおもしろく感じるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

名エッセイストはみな

 五時四十分起床。久々に土日を連続で休める。とはいえ、だからといって旅行に出かけたりするほどの気分ではなく、ひとまずカラダと脳味噌を休めておきたい、エネルギーを蓄えておきたいという気持ちのほうが強くなるのは、まだまだ緊張感がつづいているからなのだろう。とはいえ、数日前よりは季節のうつろいを観察してみたり、そのうつろいかたの少なさや相変わらず前の季節をひきずるような感覚にぼやいてみたり、といったココロの余裕あってこその心理状態になる時間は増えている。気分転換に走りたいという欲求はあるものの、アキレス腱炎がよくならないのでそこは我慢。緊張、ぼやき、我慢。なんだか全然幸せそうな感じではないが、本人は案外そうでもない。日記を書くと、文脈上、そんな言葉が出てきてしまうだけだ。こうした言葉のほうがフォーカスしやすいという事情もある。考えるに、名エッセイストはみなボヤキ上手だ。

 午前中は掃除。冷麺で昼食を取り、午後は妻と高円寺、阿佐ヶ谷をうろうろ。食品など買って帰宅。夜はのんびり過ごした。

 

▼時間があると妻と二人でここで冷凍食品などを買うことがある。業務用の大量パックは夫婦二人なので食べきれないから買わないが、冷凍食品は他の店で扱っていないものが多いようで、かつなかなかのお味だから、買う。ネギ餅とか、チヂミとか、畑の肉のカレーそぼろとか。

www.gyomusuper.jp

 

▼こんなの。これらと同じじゃないと思うけど。

 

 

まだ走らないほうがいいと

 五時四十分起床。昨夜は頭痛対策でいつも以上に念入りにストレッチしておいたので、今朝は目覚めがよい。だが、やることはいつもまったく変わらない。身支度、掃除、動物の世話、朝食、ゴミ出し。

 仕事。ささっとメールチェックなど済ませ、朝イチで銀行へ。通帳記入と納税。戻ってから少し仕事し、今度は整骨院でアキレス腱炎の治療。まだ走らないほうがいいと言われた。ううう。

 午後からは書斎にこもって作業。ゆっくり資料を読み込むつもりだったがメールやら電話やらが異様に多く、その対応にかなり時間を使ってしまった。ま、でもなんとかなったわけだが。

 十八時過ぎ、妻とウォーキングし、ついでに買い出し。

 夕食は餃子を食べた。

 

▼昨日の写真。西荻図書館にラテンアメリカ文学特集のコーナーができていた。やっぱりマルケスだよね。

 

かなり変わってくるようだ

 五時四十分起床。ひんやりとした朝。あちこちからキンモクセイの香りが漂ってくる。もうそんな時期か、そういえばセミの鳴き声はここ数日で完全に消えたな、と季節のうつろいをぼんやり感じながら、身支度やら、動物の世話やら、ゴミ出しやら。

 仕事。朝から某案件のプレゼンの準備。ここ数年、自分が説明するパートはきちんとシナリオを書き、何度か練習をしてから臨むようにしている。これをしたからといって勝率が上がるわけではなさそうなのだが、やっておくと少なくとも、プレゼンの際の先方の受け取り方、印象がかなり変わってくるようだ。ハードウェアまで含めた金額の問題など、ぼくら制作担当の力の及びきらない部分が原因で不採用になってしまった時は、丁寧に謝られてしまって逆に恐縮することがある。「企画は最高だったのですが」という言葉は、一瞬、そのば限りではあるが、それなりの慰めにはなる。それを励みに頑張ろうという気にはなる。

 十二時、リモートでプレゼン。メインの説明はぼくが担当。基本的にはギャグを入れたりはせず、抑揚と間の取り方に気をつけながらこなしていったのだが、それなりに手応えはあった。質疑応答の際は思い切って冗談も言ってみたが、これがよかったようで、最後は笑顔で「ありがとうございました」と言われた。いい結果になれば、と思う。

 午後は寝かせてしまっていた他の案件をパパパッとこなし、その後は時間が空いたので、今日は早めに店じまいすることに。安心したら緊張がとけたのか、ひどい頭痛がしてきたので、しばらく横になった。

 読書はできず…。

 

堀江敏幸「二月のつぎに七月が(44)」

「群像」2022年10月号掲載。常連客の漫才の掛け合いのような会話と大食いタレントのような食いっぷり。作者は、書いていてとても楽しいのだろうなあ。

 父の形見の文庫本からわからない部分や気になる部分を書写するのを日課にしているもうひとりの常連客、阿見さんはそろばんの達人でもあるのだが、そのそろばんに対する考え方や向き合い方もおもしろい。