わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

日本文学

脚注の夢を観た

五時四十分起床。脚注の夢を観た。書籍の脚注だ。あの部分が延々とつづいているだけ。自分の視点でそれを見ているのは確かなようだけれど、ほかの存在は一切なく、ただ、脚注があり、何かが書かれている。ただそれだけの夢。時々こういう本だけしか出てこな…

今朝の寒さは昨日の寒さとどう違う?

五時四十分起床。今朝の寒さは昨日の寒さとどう違う? 毎朝このように自問している。大まかな気温の差しか感じられないわけだが、それを克明に描写するのは難しい。大抵の場合、その時に感じた気温以外の微細なことは、身支度をしているうちに忘れてしまうか…

ありゃま

五時に目が覚めてしまったが、寒い寒いと布団の中で縮こまっているうちに、実は眠ってしまっていたのか、それとも時間感覚が狂っていたのかは定かではないが、いつの間にかいつもの起床時間、五時四十分になっていた。不思議だとは思わず、ありゃま、と感じ…

そんなリピート感覚が

五時四十分起床。今朝もまた寒い。「また」という表現に書いている自分が違和感を感じているのだが、それでも「また」を使いたくなる、そんなリピート感覚が伴っている。 仕事。十時から某案件の定例会議をオンラインで。念入りな準備をしつつもその場での突…

笑いの数が増えてきた

今朝も五時四十分起床。珍しく寝癖が激しい。 仕事。某案件のストーリー案を仕上げ、別の案件の構成案に取り掛かる。多忙な状態がつづいているが、今日は比較的余裕がある感じ。 十七時、某案件のオンラインミーティング。キックオフから数ヵ月が経ち、打ち…

ちゃちゃっと、それなりにおいしく

五時四十分起床。昨夜の久々のランニング、距離はそれほど長くなかったものの、やはり病み上がり(といっても治ってから一週間以上経っているのだが)の身にはそれなりに応えたようで、いつもより体が重い。しかし二度寝するほどではない。いつもどおりに身…

さむい、さむいとつぶやきながら

今朝も五時四十分起床。さむい、さむいとつぶやきながらの朝の身支度。もう何日つづいているのだろう。おなじような毎日の繰り返し、と捉えることはできるだろうが、そのおなじことを繰り返している当人は意外にそうは思っておらず、微妙な温度湿度の違いだ…

今朝は昨日ほど

五時四十分起床。昨日は寒い寒いとマスコミが大騒ぎしていたが東京では風がなかったのでそれほど体感温度は低くなく、むしろ厚着してせっせと歩くと軽く汗ばむほどだった。ただ、朝は冷え込んだ。今朝は昨日ほど寒くない。 仕事。ありがたいことに、繁忙状態…

いや、後者はないか。

五時四十分起床。起きるや否や、冷え込みが厳しいと感じた。しかし、だからといって子どもの頃のように布団から出たくなくなるということはない。自制心なのか、それとも本当は寝るのが好きではないのか。いや、後者はないか。 仕事。やるべきことが山盛りす…

とりとめのなさだけが記憶に

五時四十分起床。昔の記憶がシャッフルされ、トランプゲームならそのあと手札が背整然と配られたり並べられたりするのだろうが、あいにくごちゃまぜになったままの状態で、夢に出てきた。今の自分と子どものころの自分が同時に存在したり、子どもの時分が今…

五カ月目にしてようやく到達

五時四十分起床。首が痛い。寝違えたようだ。 仕事。某保険会社パンフレットの企画を黙々と。十一時から別の案件のオンライン会議。微笑ましく和やかな感じの打ち合わせだったなあ。 午後は税理士と打ち合わせ。久々に代表のMさんとお会いした。最近はメイン…

少しでもより健康

昨日の腹痛はどうやら便秘が原因。ノロ感染以来、便秘と下痢を繰り返している。朝まで痛んだ腹が排便すると一気にラクになったのだから、この仮説はおそらく正しい。若い頃、といっても30代後半か40代初めだったと思うが、その頃に感染したノロウイルスの症…

記憶を辿るのも面倒になるほど

五時四十分起床。目覚めが寒い。昨日はこんなに冷えたか、と記憶を辿るのも面倒になるほど、寒い。だが起きてしまえばどうってことはない。さて洗顔して、と身支度を始めると、葵が朝からゲロをした。ゴハンが美味しすぎて食べすぎたか、慌ててかきこんだか…

無視していても支障ない

五時四十分起床。昨夜は突然の逆流性食道炎で胸が激しく痛み、夕食どころではなくなってしまったのだが、頓服薬を飲んでしばらく休んでいると痛みは治まり、違和感、不快感は残っているもののそれなりに動けるようになり、空腹感も感じたので、妻が残してお…

年末に戻ったような感じすらある

今朝も変わらず五時四十分起床。正月二日目、明日から仕事の予定だから冬休みは今日が最後になる。わずかながら二度寝の誘惑に駆られたが、動物たちの世話をする必要があるので普通に起きて、いつもどおりのモーニングルーティーン。雲に覆われているように…

初日向

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 いつもと変わらず五時四十分起床。初日の出を拝む気にこそならなかったが、朝日がリビングの窓に差し込みはじめた頃に、葵と一緒にベランダから外を眺めつつ、陽を浴びてみた。葵、目を細…

船を漕ぎ

五時四十分起床。今日も大掃除だ。朝から窓拭きやら床拭きやら棚拭きやら、あちこちを拭いてばかりいる。掃除に使う動詞は何があるのか考えてみた。拭く、掃く、払う、はたく、洗う、捨てる、片付ける、動かす、まとめる。直接的なのはこのくらいか。 午後、…

空が明るくなってもなお

五時四十分起床。目覚めた直後は真っ暗だった空は身支度を進めるにつれ少しずつほのかに明るくなり、墨色からセピアがかった灰色に、そして明るい灰色に、と緩やかに変化している。空の色の移り変わりと朝の寒さは比例すると思っていたが案外そうでもなく、…

余裕と実験

五時四十分起床。夕べは肋間神経痛の痛みで目が覚めてしまった。ランニングしたのでその影響か。もっともたいした痛みではないし、今はもうなんともない。 仕事。二十分だけ年賀状のための宛名整理をしてから、某案件のコピー。歴史を紐解き、哲学を探る。そ…

全然大丈夫

今朝も五時四十分起床。昨夜は何度もトイレで目が覚めたが、おそらく炭酸飲料を飲み過ぎたからだろう。繰り返し起きていたことが影響したのか、少しだけ帯状疱疹の後遺症の肋間神経痛が昨日より痛んだ。ま、全然大丈夫なのだが。 日曜だが、間に合わないので…

あまり考えず、ただひたすらに

五時四十分起床。慌ただしい年末。二十八日の仕事納めまでこの混乱は収まりそうにない。だが、少しずつでも前進すれば、進むだけ状況はほぐれ、シンプルになっていく。だから今は、余計なことをあまり考えず、ただひたすらに打ち合わせをこなし、手を動かす…

痛んでいることを思い出し

五時四十分起床。帯状疱疹の肋間神経痛はまだ続いている。夜中には相変わらず目が覚めてしまうのだが、痛みのピークは夜から明け方にかけてらしく、日中はそれなりに痛むものの、仕事に集中しているからか、デスクに向かっているときはほとんど気にならない…

どうやら味に飽きたらしい

五時二十分、目が覚めてしまった。この一カ月くらいで受講した経営者や起業家向けのセミナーの問題点が夢に出てきた。目覚めてすぐにそれらを反芻し、確かにそのとおりだ、と納得できた、脳は睡眠中に前日に得た情報を整理し保存する作業をするというが、お…

顔はみなデタラメ

五時四十分起床。図書館で巨大な本を閲覧している夢を見た。A3よりも大きく、厚さは広辞苑くらいあった。それでいて、持ち歩く際の重さは感じない。友人たちと一緒にいたようだが、今思い返すと、その友人たちの顔はみなデタラメで、誰一人、現実世界の友人…

恒例で迷う

今朝も五時四十分起床。目覚めた瞬間が、暗い。これほど夜が長くなっているのかと改めて感じ、同時に朝の冷え込みも徐々に厳しくなるつあることにも気付いた。外に目を向ければ、桜の葉が赤く染まって散り、銀杏の葉も黄色く染まって散り、と紅葉黄葉のオン…

根拠がないな

五時四十分起床。夕べは背中のかゆみで目が覚めることはなかったが、それは夜のランニングのおかげかもしれない。普段の平日はエアロバイクや筋トレだが、昨夜はたった4.7kmではあるが走った。走ると翌朝は血圧が下がる。つまり身体への影響というか健康への…

朝の生ぬる

五時四十分起床。得意先の営業担当Mさんと畳の部屋で雑魚寝しながら90年代の高級車の話をしている。そんな夢を見た。 雨は止んだようだが湿度が高く、喩えはおかしいが最近の台風の後の、湿気を引きずった朝の生ぬるさに似た感覚がある。葵は雨が上がってテ…

眠気は消えず

今朝も五時四十分起床。曇りという天気のせいもあるのだろうが、夏の間はそれなりに明るさを感じていた時間帯だというのに、今はまだなお真っ暗なままだ。暗い朝は眠気をひきずりがちだ。知らず知らずのうちに目が半分ほど閉じ、掛け布団をはいで上半身を起…

「あ、井桁さんだ」と思ったら

五時、目が覚めてしまった。夢に井桁弘恵が出てきた。昨夜見ていた「ネタパレ」のゲストだったからだろう。内容はまったく覚えていない。「あ、井桁さんだ」と思ったら目が覚めていた感じだ。 八時から仕事。やるべきこと、これからやる必要が生じるであろう…

根底にあるのは「私は猫という生きものが大好き」だ。

五時四十五分起床。寝違え、ここ数日で急によくなってきた。十日近くかかっているので相当な重症だったのか、それともぼくが歳を取っただけなのか。 午前中は掃除。妻は個展会場のギャラリー・パウパッドへ。保護猫をテーマにした個展、初日。 namake.catkic…