わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

日本文学

どんぶり一杯の納豆を

今朝も五時四十分起床。どんぶり一杯の納豆をすりこぎで豪快にかき混ぜる夢を見た。器はどんぶりではなくて、すり鉢だったのかもしれない。 仕事。午後から某案件のリモートでもプレゼン。午前中はその準備で追われ、プレゼン終了後はその間に届いていたメー…

適度にあしらいながら

五時四十分起床。微かに雨が降っているようだ。こんな日は、猫は日がな一日眠りつづけているものだが、今日に限ってということなのか、葵は早朝からぼくにおいかけっこをせがんでくる。適度にあしらいながら身支度。 仕事。某案件の内容チェック、そして別の…

何やらガチャガチャと紙で

五時四十分起床。高校の同級生と何やらガチャガチャと紙で工作をしている夢を見た。文化祭のシーズンだからだろうか。だがあいにく、高校の文化祭は毎年陸上部の試合と重なってしまい、まともに参加したことがない。 仕事。十一時、池袋へ。某社にてプレゼン…

(いつもそうだが)短いものの

義父の脳梗塞でバタバタし、日付が変わってからの帰宅だったために脳味噌が興奮していたのか昨夜はあまり眠れず。寝付きも悪く、何度も目が覚めた。だが、例のスマートバンドの睡眠状態の分析機能を観てみると、睡眠時間こそ(いつもそうだが)短いものの、…

気温や気候にかかわる記憶が

五時四十分起床。朝のうちは涼しいのだが、陽が昇るにつれて、天気予報の情報どおり、夏の暑さに近づいていった。秋分の日を過ぎ、さすがにエアコンの電源を入れる気にはなれないが、扇風機はほぼ回しっぱなし。去年もこんな調子だったか、と記憶をたどるが…

島村ジョーみたいな

五時四十分起床。島村ジョーみたいな寝癖ができていた。少しうれしい。 仕事。週末に仕上げておいた二件分の原稿を朝イチでメールで送り、別件に取り掛かる。何からどう手を付けたらいいのか、手順をうまくイメージできず最初はまごついたが、のってきたらト…

中央線は雨に弱いから

五時四十分起床。台風接近。上陸する予報はないものの、大型で勢力は強いそうで、強風や大雨には注意が必要らしい。午後から対面での打ち合わせの予定があったが、リモートでの参加者もいるということだったので、こちらもリモートにさせていただいた。案の…

寝ぼけてそう感じただけだ

今朝も五時四十分起床。ひどい寝癖がついたような感覚があったが、鏡を見るとそんなことはない。むしろ、いつもよりまとまっている。少し櫛でとかせば十分。ということは、寝癖がついたような感覚こそが正常な髪の状態、ということなのか。いや、違う。寝ぼ…

半ズボンを履くのはやめた

五時四十分起床。秋分の日を過ぎたということは夏よりも冬に近いということになるが、まだまだ夏の気分は抜けず気温もむしろ夏に近い。ついTシャツに手が伸びる。さすがに部屋着で半ズボンを履くのはやめたが。 仕事。某案件の企画に朝から取り組みつづけた…

叩いている時間も長い

五時四十分起床。蒸し暑い朝。今年最後の真夏日となるのか、それとももう少しつづくのか。今日は秋分の日だ。 祝日ではあるが、仕事。取引先からのメールも何通かあり、平日並みに慌ただしい。キーボードを叩いている時間も長い。 夕方、落ち着いたのでリニ…

イメージのずれを科学的、統計的に

五時四十分起床。 九月も下旬にさしかかり日の出の時間は少しずつ遅くなっているようだが、まだまだ夏を引きずっているような天気と暑さ。さすがに蝉の声は滅多に聞かれなくなり日差しも鋭さの角が取れてきたようだが、気温は一丁前に夏並みに上がっている。…

関係のない祝日

敬老の日だが、五時四十分起床。今日も仕事だ。ぼくには祖父母がおらず(両祖父と父方の祖母は早くに他界、母方の祖母は東日本大震災の翌日に亡くなった)、両親は高齢者とはいえこの祝日に子から親に何かプレゼントをしたり電話をかけたりというはなんだか…

思い切って寝る

五時四十分起床。ここ数日多忙なせいか、少々目覚めが悪い。眠りの深いタイミングでアラームが鳴ったようで、淀んだような呆けたような感覚がしばらくつづいた。 仕事。資料を読み込んではアイデアを掘り下げたり構造化したり、という作業がずっとつづいてい…

蜩の声を一度も

五時四十分起床。未明に降っていた雨は起床したころには止み、身支度をしているうちに晴れ間が差し込んできた。空の青さに夏の気配はなく、心持ち涼しい。セミの鳴き声もかなり遠くなった。今年は蜩の声を一度も聞けなかったのが悔やまれる。 仕事。某案件の…

帰路で

五時四十分起床。彼岸が近いせいか、この時間ではまだ外は暗い。日の出の時間はiPhoneの天気アプリによると五時二十三分だが、建物が多い東京では日の出からたかだか二十分程度では陽は差さないということか。 仕事。某住設系案件。 午後は後楽園にて打ち合…

盛夏を過ぎて日中でも

今朝も五時四十分起床。 午前中は念入りに掃除、そしてアイロン掛け。やたらとスルスル動くパナソニックのコードレスをシャツの上で滑らせながら、東京MXの美術番組を見る。片桐仁がナビゲーター。琳派をやっていた。ぼくは抱一が好きだ。 s.mxtv.jp 酒井抱…

騒々しいくらい強く響く

今朝も五時四十分起床。外はまだ薄暗い。あと二週間で秋分なのだから日の出の時刻が遅くなっているのも当然だ。蝉の声は日に日に少なくなり、日が暮れると草の繁みのなかから秋の虫たちの金属のような声が騒々しいくらい強く響く。あそこには一体何匹いるん…

学生みたいだ

五時四十分起床。雨は降っていない。東側の窓は早朝から朝日が差し込んでいるが夏の強さや明るさはあまり感じられず、どこか秋めいている。 仕事。某案件資料読み込み。なかなかの分量で、かつ難解な部分もあるので、ノートをつくりながら読んでいる。学生み…

かわいがられているようだ

五時四十分起床。涼しい朝。雨は降っていないようだ。ここ数日熟睡できていないのは、この気温の変化ゆえか。いや、涼しいのだから眠れるだろう。ところがそうはならない、というのが人間の睡眠の不思議なところか。 日曜だが、午前中は仕事。某案件の企画書…

若い頃は「似てる」と言われた

五時四十分起床。なぜだか熟睡できた感覚がない。 雨は降っていないようだ。これはチャンス、と手際よく身支度と動物たちの世話を済ませ、さあランニングへ、というところで降りはじめた。今年の夏は危険なほどに暑いか雨が降っているかのいずれかで、中間的…

覚悟するほどではない

暑くて五時半に目が覚めてしまったが、気温が上昇しているというわけではなさそうで、ならばなぜ暑いと感じたのか。外は盛夏の厳しい日差しとはほど遠い曇り具合で、じっとりと湿った一日になる予感こそあるものの、暑さに覚悟するほどではない。 仕事。朝イ…

病気の時とは明らかに違う

五時四十分起床。昨日からの、ワクチンの副作用らしき微熱はまだつづいている。軽い頭痛、軽い胃の痛み、便通もおかしい。少し倦怠感もある。だが、病気の時とは明らかに違う。終日家にこもり、のんびり過ごした。 川崎徹「光の帝国」(「群像」2021年9月号…

こっちは副反応なのだろう

今朝も五時四十分起床。やや暑い朝。いや、非常に暑いの間違いだ。窓を開ければ、という歌があったが、窓を開ければ、瞬時に熱気が襲いかかってくる。 十一時、二回目のワクチンの接種へ。特に問題なし。往復の移動の暑さがキツい。アブラゼミ、ミンミンゼミ…

感謝に多忙がついて回る

五時四十分起床。寝苦しさに一晩中もだえ、寝不足で朝を迎える。そんなことがめっきり減った。季節の変化は朝晩に色濃く感じられる。気温の急な変化にこそ、微妙な変化が出やすいのかもしれない。朝日や夕日の色、光の鋭さ柔らかさも季節で変わる。もっとも…

まったく問題なし

五時四十分起床。日中は黙々と仕事。 夕方、クリニックへ。血液検査の結果は、まったく問題なし。脇腹の痛みの原因は特定できなかった。先生は、胃けいれんと見立てているようだ。胃薬を一週間分処方された。 砂川文次「ブラックボックス」(「群像」2021年8…

上白石萌音萌歌姉妹

昨夜は夕食後、胃が動いていないような感じがした。倦怠感もあった。胃の方は軽い胃痛に変わり、逆流性食道炎の持病があるからひどくなる前に頓服を飲み、早めに就寝した。 二時半、目が覚めてしまった。左のあばら骨のあたりが妙に痛む。打撲やら骨折やらの…

悲しみやら懐かしみやらで

今朝も五時四十分起床。昨日の、延々とつづく豪雨はおさまっている。時折、微かに降ってはくるものの、ひとまず安堵。しかし、他の地方ではまだまだ気が抜けないという。 今日は愛猫・麦次郎の命日。もう四年が過ぎたことになる。元気いっぱいの葵と暮らして…

おなじ症状に悩む人は出てこない

五時四十分起床。雨。外出する気が失せるが、今の感染者数ではこの空模様でなくても出かけたくはならない。昨年膀胱癌の手術と投薬治療をした父は、母といっしょにスーパーへ買い出しに出かけても運転手に徹して買い物は母にまかせ、店内には入らないように…

新しいアイデアでもって横槍を

夜中は一時間に一度起きてはポカリスエットをがぶ飲みし、トイレに行き、を繰り返した。いつも通り五時四十分に起床したが、もう熱中症の名残のような感覚はない。大丈夫そうだ。血圧も正常。気にせず一日を過ごしても大丈夫だろう。 仕事。一時間に一度起き…

年を重ねるにつれて増えるのかもしれないが

今朝も五時四十分起床。ここ十数日のなかでいちばん目覚めが良い、といっても普段より少し悪いという程度なのだが、それくらい体調が優れなかったということなのだろう。前日の疲労を引きずることも年を重ねるにつれて増えるのかもしれないが、仕事量、とい…