わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

どうやら味に飽きたらしい

五時二十分、目が覚めてしまった。この一カ月くらいで受講した経営者や起業家向けのセミナーの問題点が夢に出てきた。目覚めてすぐにそれらを反芻し、確かにそのとおりだ、と納得できた、脳は睡眠中に前日に得た情報を整理し保存する作業をするというが、お…

根底にあるのは「私は猫という生きものが大好き」だ。

五時四十五分起床。寝違え、ここ数日で急によくなってきた。十日近くかかっているので相当な重症だったのか、それともぼくが歳を取っただけなのか。 午前中は掃除。妻は個展会場のギャラリー・パウパッドへ。保護猫をテーマにした個展、初日。 namake.catkic…

感情を放り投げたような、妙な

五時四十分起床。朝日が差し込む時間が遅くなり、それにあわせて葵が起きてくる時間も遅くなった。夏の間は六時になると書斎に置かれたコピー・プリンター複合機の天辺に登ってご機嫌そうに毛繕いするのが日課だったが、最近は六時ではまだ眠ったまま、ある…

梅雨ほど困る感じはない

五時四十分起床。雨が微かに降ったり止んだりを繰り返す、曖昧な空模様の一日。いわゆる秋の長雨がつづいている、ということなのだろう。梅雨ほど困る感じはないものの、日の光を求める気持ちは梅雨時と同じくらい高まる。 少し時間ができたので、ウチの会社…

何も知らない自分は、ただただ

五時四十分起床。呑気に身支度をしていたら、突然の豪雨。朝からスコールのような降り方だが晴れていたわけではなく、気象学を心得ている人なら納得できるのだろうが、何も知らない自分は、ただただ驚くばかりだ。 仕事。朝からせっせと事務処理。アキレス腱…

河童のお皿はお金を載せる場所

五時四十分起床。朝イチで歯肉炎をかばいつつ軽く走ろうかという気になっていたが雨が降り出したので思いとどまった。堪えられないほどの痛みはないものの、腫れによる歯の浮いた感覚はあり、モノを食べると軽く痛む。ほったらかしておけばひどくなるのは目…

早起き猫

五時三十分起床。外が妙に明るい。夏至が近くなっているので日の出もかなり早いのだろう。葵が早々に起き出して、家中をうろつきはじめている。早起き猫。あまり聞いたことがない。 初夏吹っ飛ばして急に真夏になった個展3日目も無事終了しました。どうもあ…

やはり、飽きていたか。

六時起床。昨夜のランニング、後半は自分としてはかなりスピードを出したので、少し疲れている。だがカラダが動かないというほどではない。身支度と朝食を済ませ、玄関と窓を掃除。雨が降るかもしれないが、時間が空いているのは今だけなので、やってしまう…

歌の世界からはほど遠い/湯シャン三日目

五時四十分起床。雨がやがて雪に変わったが、今日はクリスマスイブのサイレンナイホーリーナイというわけではなくおはぎを食べる彼岸の時期で、おまけに雪も雪というよりはびちゃびちゃのみぞれ、と歌の世界からはほど遠い。 仕事。某案件の企画書。午後は渋…

毎日20km走りなさい、と

今朝も五時四十分起床。20kmランが堪えているのか、目覚めが悪い。だが長めに走ったおかげで血圧は笑えるくらい下がっている。かかりつけ医に報告したら、それじゃ毎日20km走りなさい、と言われそうだ。 今日もオフ。午前中は掃除。葵が少し体調が悪いので、…

角の取れたような

今朝も五時四十分起床。二月らしい冷え込みだが厳しさは感じない。角の取れたような緩さを感じるのは、地球温暖化の影響か。 午前中はせっせと掃除。午後からは仕事。某住設メーカーのパンフレットのコピー、そして某金融機関の刊行物の企画書。十七時、完了…

王冠印雑貨店

今朝も五時四十分起床。昨日の20kmのせいか、少しモモの筋肉が張っている。ま、大きな問題ではない。 掃除。シーツを洗ったり布団を干したり風呂を洗ったりと家事ばかり。 午後は妻と外出。正月からずっと行けていなかった神田明神へ。感染者数は増えている…

忘れる時は忘れるものだ

五時四十分起床。やはり今朝も寒い。 仕事。相変わらず複数の案件の同時進行がつづいている。昨日ほどは混乱せず、落ち着いて一つずつ対処できていたが、案の定、一つ締切を忘れていた。厳重にスケジュール管理していても、忘れる時は忘れるものだ。だが気付…

こぼれる朝日を全身に受けて

五時四十分起床。晴れ。カーテンを新調。葵にすぐバリバリにされるのでは、とヒヤヒヤしていたが、今のところ大丈夫。東側の窓際に置いた猫タワーのテッペンに乗り、カーテンの隙間からこぼれる朝日を全身に受けて、気持ちよさそうにしていた。 カーテン、ビ…

竹下通りをそのまま街全体に

五時四十分起床。いつもより血圧が少し低い。 午前中は掃除。掃除機をドイツメーカーのごっついタイプからパナソニックにスタンダードなものに変えたら、掃除時間がわずかに短くなった。取り回しにかかる時間は決して馬鹿にならない、ということなのだろう。…

日向ぼっこを

五時四十分起床。晴れ。葵がダミ声で小さく鳴きながら窓際に置いた猫タワーに飛び乗り、日向ぼっこを始めた。 午前中は念入りに掃除。午後は仕事。手首をかばいながら、複数の案件を進めた。 夜はランニングしようかと思っていたが、右足首に違和感があり、…

アタマが下がる

五時三十分起床。台風接近。マンションの裏手の善福寺川は決壊まであと1mというところまで水位が上昇し、流れも早い。だが水を地下に逃がす工事が完了しているので、この程度の雨ならまだ大丈夫だろう。 妻はこの雨のなか、個展開催中の仙台「またたび堂」…

今日の事件簿

迷惑メール扱い事件 感染者多いですか事件 猫トイレ買替事件(月曜に届く) ウチからいちばん近いカインズはどこだよ事件 資料届いた事件 原稿送った事件 なかなか走れない事件 ▼ウチの猫、大柄ではなくひょろっと長いので、大きいサイズの猫トイレでないと…

なぜ褒められたかは覚えていない

今朝も五時四十分起床。妻にやたらと褒められた夢を見たが、なぜ褒められたかは覚えていない。その前の日は、こっぴどく叱られていた。 午前中は掃除。午後から仕事。 夕方は妻と散歩へ。西荻のガード下にある焼き鳥屋さんで焼き鳥を全種類一本ずつ購入。こ…

悲しみやら懐かしみやらで

今朝も五時四十分起床。昨日の、延々とつづく豪雨はおさまっている。時折、微かに降ってはくるものの、ひとまず安堵。しかし、他の地方ではまだまだ気が抜けないという。 今日は愛猫・麦次郎の命日。もう四年が過ぎたことになる。元気いっぱいの葵と暮らして…

何度も肉球でパッチーンと

今朝も五時四十分起床。朝イチから葵と追いかけっこをして遊ぶ。彼女の体の大きさと構造からすると、ぼくのふくらはぎのあたりは格好の攻撃ポイントになるらしく、ぼくが逃げる流れになるたびに、何度も肉球でパッチーンと叩かれた。誕生日はぼくとほぼおな…

翻弄されっぷり

五時三十分起床。朝から外出なのでほんの少しだけはやく起きてみたが、葵のゲロの始末にその時間すべてを費やした。 十時、池袋へ。某案件のプレゼン兼ヒアリング。以前から大好きな会社の一つなのだが、中身も社員さんも素敵だった。 戻ってからはバタバタ…

鰻を掴もうとしているような

今朝も五時四十分起床。晴れているようで、早々に目覚めた葵は窓辺に置いてある低めの猫タワーのテッペンからじっと外を見ている。雀でも観察しているのか、それとも日を浴びてビタミンをつくっているのか。声をかけたら遊んでもらえると勘違いしたようで、…

意識せず普通に

五時四十分起床。晴れてはいるが金曜ほど気温は上がらないようだ。今の季節にふさわしい、シャツ一枚で快適な暑さ。 午前中は掃除と買い出し。妻は個展会場の「猫の額」へ。ぼくは書斎に引き籠もって仕事。土曜日ゆえどこからも電話やメールがないので集中で…

新しい猫

五時四十分起床。慌ただしい一日。複数の仕事を同時進行しているうちに、一日が終わってしまった。読書も満足にできず。 高円寺「猫の額」での妻の個展が今日からスタート。緊急事態宣言中ということもあって来場者数は少なめだが、通販もやっているとのこと…

さよなら敷布団

五時四十分起床。異様な倦怠感と体の痛み。やはり、先日購入した敷布団が合わないらしい。左半身のしびれは昼頃まで取れず、頭痛もする。これはやばそうだ、ということで、手放すことにした。義父母に声をかけてみると、同居している義弟が欲しいと言ってい…

揮発の決意

今朝も五時四十分起床。慌ただしいが、それなりに腰を据えて作業する時間はある。ちょこちょこと書斎にやって来ては床でコロコロしたり「外を見たい。窓を開けろ」と命令する葵をかまいつつ、某生命保険会社のパンフレットの企画に集中した。 大きな低気圧が…

恢復

五時四十分起床。ぼんやりとした頭痛。寝違えはしていないが、ストレートネックの影響なのだろう。ここのところの多忙がたたっているのもある。 九時過ぎ、妻と葵を猫キャリーに入れて動物病院へ。腸炎の診察。便はすっかり正常になり、食欲も旺盛、よく遊び…

ほぼノーマル

五時四十分起床。鼻水。軽度ではあるが、この歳になっていよいよスギ花粉症の症状が表れはじめたようだ。血液検査をしてくれた医師からすると、今まで無症状だったのがかなり不思議だったらしい。点鼻薬、そして意味なしわかってはいるが、龍角散でごまかし…

ぬるさと眠気と

今朝も五時四十分起床。昨日か今日か、明日だったか、が啓蟄のはず。昨日の雨は春めいているというわけではなく、今朝も朝日はほとんどささず、空は灰色の雲に覆われていたが、気温だけは春らしく上がっているようだ。温かいというより、ぬるいという表現の…