わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

仕事

呪文、マントラ。

今朝も五時四十分起床。寝汗がひどいので、ひとっ風呂浴びた。浴びてもさっぱりした感覚がないのは、すでに暑かったからだろうか。 仕事。とにかく動きが激しい。臨機応変、臨機応変、と自分に言い聞かせながら仕事を進める。呪文、マントラだな。 午後、雷…

狂暑

五時四十分起床。朝から容赦ない暑さ。リビングにいる葵とコジコジが心配になり、八時前からエアコンをオンにした。東京で三十八度、群馬では四十度を越したという。こんな状況で今年オリンピックをやっていたら、観客も選手もバッタバタと倒れて、参加国か…

遠回り

五時四十分起床。昨夜は熱帯夜ランニングでヘロヘロだったというのに、そして今日も祝日だというのに、きっちり、いつもどおりに目が覚めた。くそまじめな体内時計。 仕事。某案件の台割構成案の作成。意図を自分の言葉で、納得できるカタチでまとめあげるこ…

酷暑の日

五時四十分起床。六時には、家のなかにいるというのに、今日はハンパじゃない暑さになるぞと確信できるほどになった。八時、インコがバテているように見えたので不安になり、エアコンを入れた。 仕事。書斎もエアコンなしでは過ごせない。某案件のライティン…

怒濤の進行

五時四十分起床。起伏の激しい一日。仕事が夕方から怒濤の進行となり、遅くまで作業。 母から電話。父、第一回の投薬が済んだとのこと。副作用はなかったそうだ。よかった。この治療、八回も行う必要があるらしい。がんばってほしい。

ゴーヤと父

五時四十分起床。朝から蒸し暑いが、先日までの、長かった梅雨に比べたら快適、とはいえないが、あの日々ほどの不快さは感じない。 仕事。午前中は某案件の企画書とパンフレットの原稿を仕上げ、まとめてメールで送付。 冷麺で昼食。キムチをモリモリにした…

猫タワー、(今のところ)ムダになる

五時四十分起床。朝からせっせと家事。大慌てで先日購入した猫タワーを組み立てたが、まったく気に入ってもらえない。 ①組み立てた。 ②最初は怖がっていたが、数時間後にチェックをはじめて… ③無視。妻のMacの横でじっとしている。 その後は仕事を延々と。 …

梅雨明けの朧月

五時四十分起床。梅雨明け。慌ただしい。午前中にできる限り家事を詰め込み、午後からは仕事。先週は悪天候で走れなかったので、夜にランニング。朧月。自販機でポカリスエットの缶を売っているのを見つけたので、買ってみた。ペットボトルは微妙に味が違う…

『掃除婦のための手引き書』を読みはじめる

五時四十分起床。朝のうちは雨だったがいつの間にか止み、その後は時折青空も見えた。 仕事。午前中は月末の事務処理。大慌てで銀行へ。個人の口座に定期預金が残っていたことに気づいた。どうしよう。 午後はZoomで打ち合わせを済ませてから作業。複数の案…

引きずり、ばたつき

五時四十分起床。朝から軽い疲労を感じているのは、昨夜遅くまで仕事したせいだろう。馬車馬のような働き方をしなくなったから、以前ほど疲れを引きずることはなくなった。 日中は仕事。ひたすら仕事。夏休み前でさまざまな案件がバタつきはじめている。だが…

切迫感を伴わない

五時四十分起床。だらだらと降ったり止んだり。「だらだら」という言葉には怠惰さや、いやいやながら、という雰囲気がつきまとう。だが雨の表現に使うと、いやいやながらという意味合いは薄れ、むしろ、「じりじりと寄ってくる」「少しずついびる」のような…

困った時のドクターグリップ

今朝も五時四十分起床。連休二日目。今日も天気ははっきりしないが、はっきりしすぎて大変なことになっている西日本に比べたら幸せなのだろう。 仕事。朝から某エネルギー系企業の採用案内。掃除をはさんで、祝日ではあるが振込のために銀行に向かい、ついで…

イメージの上書き

五時四十分起床。時折、不安になるほどの豪雨になることが何度もあるのだが、それはほんの一瞬で、あとはしとしとと、ぼくの子どもの頃の記憶にある地味な梅雨の雨がだらだらとつづく。季節のイメージがどんどん上書きされていく。例えば冬を思い出してみる…

免罪符とは言えない

五時四十分起床。雨が降ったり止んだり。気まぐれな梅雨。 九時、外出。電車は比較的空いている。マスク着用率は高いが、山手線で乗り込んできた白人系の男性はノーマスク。海外では宗教的・思想的な理由からマスクの着用を拒否する人が多いと聞く。この男性…

四連休の前だから

五時四十分起床。慌ただしい一日。朝イチで某案件の納品を済ませ、事務処理をし、掃除をしてから銀行で振り込みなどの手続きを済ませ、午後からは明日打ち合わせ予定の新規案件の資料を読みつつ、別の新規案件の相談に対応したり、もうひとつ別の新規案件の…

代わりに犬をたくさん見かけた。

五時四十分起床。雨は降っていないが、日の光を浴びれるのはまだまだ先だという予報も十分に納得できるくらいに空の色は重い。 仕事。某案件の赤字が戻り、少々バタつく。 妻、昨日の目の違和感がまだつづいているので今日も眼科へ。大きな問題はなかったそ…

ヘボい風邪

五時四十分起床。雨。 仕事。せっせと進めているうちに雨は止んだようなので、掃除機をかけてから30分ほどウォーキング。湿度が高いせいだろう、マスクの内側が息苦しい。 昨日購入しておいたしらすをトーストにして昼食。わが家のオーブントースターは買っ…

猫とは面白い動物だ

睡眠障害か。ここ数週間、夜中に三度くらい起きている。直接的な原因はわかっている。暑さと水分の摂りすぎだ。就寝前にグビグビと水を飲み過ぎている。だからトイレで目が覚める。用を足してすっきりしたところですぐ眠ればいいのだが、また水を飲む。しか…

ランニングにマスクは不要とのことだが

五時四十分起床。雨は早々に止み、一日中、じっとりとした曇天が広がっていた。時折雲が切れて青空が覗くことはあるが長つづきはせず、それゆえにか、その青色が妙に鮮烈に頭の中に居座りつづける。豪雨の被害、早く落ち着けばいいのに。 午前中は掃除。午後…

雨の日は会社に行かずに

今朝も五時四十分起床。雨足が比較的強かったので今日が回収日となっている古紙の資源ゴミを出すべきか迷ったが、区の規定によると雨でも出せる(というよりも普通に出してほしい)とのことなので、ひとまず気にせず出すことにした。リモートワークが普及し…

雨の日はSDGsを

五時四十分起床。終日雨。今年の梅雨は例年より雨量が多いのではないか。もう少し晴れ間ののぞく、いわゆる谷間と呼ばれる期間が長い気がするのだが。梅雨入りと梅雨明け直後しか降らない年や、いわゆる空梅雨の年もあった。「この季節はこれくらいの気温、…

イメージの変容

五時四十分起床。湿った重たい空気が家のなかに充満している。だが、災害のまっただなかにいる方々のことを思ったら、こうして普通に目覚めて身支度できることは幸せだ。梅雨は停滞の季節というイメージを勝手に抱いていたが、ここ数年で変わってしまった。…

停滞脱出とサバカレーパン

五時、便意で目が覚める。このところ、どうも腸の調子がよくない。天気の影響もあるのかといぶかしむが、まるで根拠がない。そもそも、医学的な知識がまるでない。 雨。東京はたいしたことないが、九州は甚大な被害となっている。十年前に自分が体験した杉並…

父の再発

五時四十分起床。曇天。空一面雲に覆われているようなのだが、それでも一瞬、わずかな裂け目から強い日差しが覗く時間がある。その一瞬だけ、夏を感じる。 仕事。朝イチで某Web案件のコピーをメールで納品し、銀行へ。月末の事務処理。ついでに西荻のベーカ…

誰かが無表情で延々と

四時過ぎだったろうか、誰かが無表情で延々と床を揺らしつづけているような、長い揺れを感じて目が覚めた。千葉で震度5弱の地震。被害は少なかったようだが、気になる。 五時四十分起床。昨夜の筋トレがキツすぎて、少々起きるのがシンドイ。雨の影響もある…

実は、ない

五時四十分起床。今朝も涼しい。梅雨寒、梅雨冷えとまではいかないが、それなりに心地よい。 午前中は銀行へ。振込などの事務処理。 午後は書斎で某案件の企画書づくりに集中。コロナウイルスのためなのだが、打ち合わせを十分にしていない状態なので、どう…

リアルな感覚は確かにあったのだが、

梅雨冷えの夜。何度も目が覚めてしまい、これはアカン、とタオルケット一枚で寝るのを諦め、少しだけ綿の入った薄い布団を引っ張り出した。だが繰り返し起きていた理由はそれだけではない。小便だ。寝る前に水分を取り過ぎた。明け方はトイレに入っている夢…

本格稼働か

五時四十分起床。昨朝よりは幾分涼しい。しかし体は、いやアタマは、なのかもしれないが、妙に動きがどんくさく、身支度の一つひとつが、微妙にのろい。なぜだろう。 仕事。緊急事態宣言解除からかなりの日数がたち、ようやく社会が本格的に動き始めたという…

Aマッソとリービ英雄と

五時四十分起床。Aマッソの加納が夢に出てきた。アタマがフケだらけだったので注意した。 Aマッソ ネタやらかし 発売日: 2017/07/15 メディア: Prime Video 首の痛み、かなり和らいでいる。これなら普通に日常的な動作もできる、仕事にも支障がない。だが、…

狭い可動域、小さなうめき

五時四十分起床。首の痛み、動かさなければまったく問題ない程度にはなった。だが、あくまで「動かさなければ」という条件付きでの話だ。可動域は狭く、動きは制約される。Macのディスプレイを見ているだけならほぼ問題ないのだが、それ以外のことをしようと…