わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

仕事

寝る前にインコの動画を

五時四十分起床。うっかり猫の葵がいる目の前でインコのコジコジを放鳥してしまい、慌ててコジコジを握ってカゴに戻そうとする、そんな夢を見た。昨夜、寝る前にインコの動画を見たからか。 雨。終日、降ったり止んだりを繰り返す、いかにも梅雨時らしい気ま…

ケーキは後日

五時四十分起床。妻の誕生日。おめでとう。お気に入りのケーキ屋さんに行くとはりきっていたのだが、あいにくの雨。ケーキは後日、ということになった。 仕事。早朝は事務処理、そして十一時から某IT企業案件の定例会議。少し長引いた。終了後は会議で発生し…

暑くはないが寝癖がひどい

五時四十分起床。暑くはないが寝癖がひどい。だが身支度をし仕事を始めると、じわりと暑さ、息苦しさを感じるようになった。夏の不快さとは少し違うのは、まだ六月で梅雨入り前という事実が影響しているのか、それとも湿度やら何やら、細かな数値が異なるの…

この言葉がいかにも相応しい

五時四十分起床。予報では大雨と言っていたが、朝のうちはこの言葉がいかにも相応しい降り方。外出が面倒になるような雨。だが、まだ梅雨入りはしていないという。 仕事。某生命保険会社の案件。 夕方、歯科医へ。二年近く治療している左上の奥歯、仮歯が入…

多少気を使う程度で

五時四十分起床。昨日の軽い熱中症から回復。いくぶん気だるさは残るものの大したダメージはない。しかし、これまた軽くだが寝違えたようだ。首の右側が痛む。とはいえまったく動かないわけではない。多少気を使う程度で、なんとかなる。 土曜だが仕事。某高…

熱中症になる

五時四十分起床。やや暑いかな、とは感じていたが、気温はじわじわと上昇していたようだ。日中はリモートでの打ち合わせがつづいたため、窓を閉め切り、ドアも閉め、かといってエアコンを入れるのは抵抗があったので扇風機を書類が飛ばない程度の強さで使っ…

非効率の極み

五時三十五分起床。暑さでやや早く目が覚めたか、と思ったがまったく気温は上がっておらず、むしろ尿意か、と思うが小便の量もさほどない。なんだこれは、と不思議に思いつつ身支度。 仕事。某産業用ロボットの案件をひたすらに。資料を読む時間がやたらと長…

お前はおねしょでもしたいのか

五時四十分起床。昨夜はトイレで三度も起きた。寝る前に水をがぶ飲みし、トイレに起きて用を足し、また布団に入る前に水をがぶ飲みし、と、お前はおねしょでもしたいのか、とツッコミを入れたくなるような水の飲み方をしていたのだから、幾度となく尿意で目…

とっかえひっかえ

五時四十分起床。朝のうちは雨足が強かったようだがすぐに止み、一瞬ではあるが青空が広がった。すぐに灰色の雲が空を覆い尽くしてしまう様子は梅雨のようだが、まだ梅雨入りはしていない。 仕事。例によって、あれこれととっかえひっかえ、せわしなく頭を使…

なんたるグッドタイミング

五時四十分起床。もう土曜か、一週間が回るのが早いな、と思うが、多忙ゆえの感覚なのだろう。とはいえ、暇な時も早いと感じる時は稀にだがあるので、忙しいだのそうでもないだの、というのは、時間の感じ方にある程度の影響は及ぼすものの、決定打ではない…

汗と戦う日々

五時四十分。初夏という言葉が相応しい日々が続いている。からりとしているから汗ばんでもそれほど不快ではない。梅雨入りすればこの快適さとはおさらば、髪の毛のうねりやベタつく汗と戦う日々が始まることになる。 仕事。朝イチで某ユニフォームメーカーの…

それなりの時間

五時二十分、目が覚めてしまったがそのまま目を閉じていたら四十分になったので起床。曇りがちだが朝日はしっかり東側の窓から差し込んでいる。だが気温はそれほど高くない。 仕事。今日も某自動車メーカーの案件。アイデアは浮かんでいたが、いざ形にしてみ…

季節相応

五時四十分起床。少し肌寒いが、おそらく寝相が悪くて布団を蹴飛ばしていたからだろう。当然だが気温は低くなく季節相応だ。 仕事。某自動車メーカーの案件。ここ数日とりかかりっぱなしだが、ようやく先が見えてきた。 夕方、ウォーキングへ。バラの花を見…

アタマが大きくなっていた

五時四十分起床。寝癖はまったくないが、全体的に髪が膨張してアタマが大きくなっていた。 仕事。某自動車系案件の資料をひたすら読み込み、動画もかなりあるのでひたすら見まくった。 午後、この案件の資料を探しに図書館へ。結局なにも借りなかったが、館…

和気藹々と

五時四十分起床。少し眠いのは、昨日、日記を書き終えてから13kmほど走ったからか。夜の冷たさが心地よかった。 View this post on Instagram A post shared by 五十畑裕詞 (@catkicker001) 雨。強く路面を打ちつける雨音。こりゃ、一日中雨かな、と思ったが…

思考のバイアスを見事に

五時四十分起床。晴れ。だが束の間の晴れ間のようで、明日はまた降るという。 仕事。相変わらず忙しい日々がつづいている。仕事量が多いのではなく、これまでやったことのない仕事の割合が高いから、そう感じているのかもしれない。試行錯誤がつづけば、時間…

和歌を交えての展開

五時四十分起床。身支度を済ませ、動物の世話やら片付けやらをしていると、突然豪雨に。だが、さほど長くは続かなかったようで、十時過ぎにはやんでしまった。 午後、打ち合わせのため外出。天気予報では台風並みの荒れ模様と繰り返し報じ、脅しにかかってい…

意外に腰を据えて

五時四十分起床。曇天、気のせいか空気まで重い。湿度が上がっているのか。 仕事。早朝から某家電メーカーの案件。九時半から某工業用ロボットメーカーのリモート打ち合わせ。終了後は掃除、終わったところでこの案件の作業をし、つづいて某飲料メーカーの案…

新緑の中を

五時四十分起床。驚くほど多忙な日々がつづいている。自分でも仕事を受けすぎではないかと時折思うが、焦りやら使命感やら興味やらでがんじがらめになってしまい、今のところ、断らずにすべて受けてしまっている。暇な時期のことを思えばありがたい限り。と…

引きずるように

五時四十分起床。最近は目覚ましが鳴るより先に目覚めることが多かったが、今日はアラームに起こされた。こんな日の目覚めはいつもより若干重い。布団から飛び上がるように状態を起こしてオフのボタンを押すのだが、その後の動きは緩慢だ。眠気を引きずるよ…

ほとんど小走り

五時四十分起床。曇天。午後からは雨が降るという。 日曜だが仕事。妻は個展会場「猫の額」へ。ぼくは昨日と同じように留守番。一日かかるかと思っていた某案件、早めに目処が立ったので、十五時過ぎで業務終了。小雨がぱらついていたが傘をさすほどではない…

明治大正あたりの時代と高校時代が

四時、目が覚めてしまう。明治大正あたりの時代と高校時代が混じったような、おかしな夢を見た。内容はさっぱり覚えておらず、夢のせいで目が覚めたわけでもないのだろうが、その後、ほんの少しの間だと思うが、眠れなかった。 五時四十分、きちんと起床。身…

よく鳴き、よく喋り

五時四十分起床。今朝も明るい日差しが東側の窓から差し込み、葵は機嫌良く日向ぼっこをしている。コジコジも楽しそうな声でよく鳴き、よく喋っている。 仕事がようやく落ち着くかと思いきや、相変わらず慌ただしい。朝から某工業用ロボットメーカーのパンフ…

より強い雨音が

昨夜は鼻詰まりと後鼻漏で眠れず。点鼻薬でなんとか持ち堪えることができた。 五時四十分起床。激しい雨。時折、より強い雨音が数秒間だけ聞こえてくる。ムラのある雨雲なのだろうか。 仕事。某生命保険会社の案件を黙々と。電話やメールも少なく、比較的集…

それはそれで退屈

五時四十分起床。爽やかな初夏、という印象。こんな日々がずっとつづけばいいのに、と思う反面、それはそれで退屈、と本気で考える自分もいる。 仕事。某建設会社の案件が一時的ではあるが落ち着いたので、生命保険会社の案件を一気に進めようとしたものの、…

また、いつの間にやら

四時、鼻詰まりで目が覚めてしまう。点鼻薬を使ったらすぐにスッと通った。効きすぎて怖いな、と思ったのも束の間、すぐ二度寝に落ちたようだ。五時四十分起床。 朝から雨がぱらついていたが、いつの間にか止んでいた。特に空模様を気にすることなく、書斎で…

時折迷路に

五時四十分起床。今日も五月晴れ。妻が日焼けを気にしそうなくらい、すっきり晴れた。 憲法記念日で休日だが、間に合わないので仕事。某航空会社の案件。時折迷路にはまり込んでしまうのだが、それでもなんとか、資料を見てはメモをつくり、メモをつくっては…

あるような、ないような。

五時四十分起床。雨。ゴールデンウィークにこれほど強い雨は珍しいのではないか、と思ったが、意外にこの季節は不安定なのかもしれない。五月は風が強い印象がある。これは鯉のぼりのイメージが頭にあるからかもしれないが、スポーツカイトを楽しむなら五月…

動物たちと留守番しつつ

五時四十分起床。今朝も舌から血は出ていない。ただし、傷口が盛り上がってコブのようになってしまっている。時間が経てばなくなるのだろうが、ちょっと気になる。 昭和の日、ではあるが仕事。朝から某建設会社の案件を進める。妻は午後から梅ヶ丘のギャラリ…

昨夜はご飯抜き

昨夜は舌からの出血が気になって眠れないかも、と思いながら布団に入ったが、例によって枕に頭を付けて五分とたたぬうちに熟睡、となったようだ。しかし三時ごろに目が醒める。息苦しい、そして口の中に嫌な感じが広がっている。慌てて洗面所に行って確認す…