わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

評論

目をそらしていた。コワイからだ。

今朝も五時四十分起床。雨。天気が悪い日は行動しないという本能が働くのか、いつもなら追いかけっこをしてくれとせがんでくる葵が、大人しく、猫らしく寝ている。 今日も完全オフの日曜日。のんびり読書。午後は雨が止んだタイミングでウォーキングへ。 二…

(いつもそうだが)短いものの

義父の脳梗塞でバタバタし、日付が変わってからの帰宅だったために脳味噌が興奮していたのか昨夜はあまり眠れず。寝付きも悪く、何度も目が覚めた。だが、例のスマートバンドの睡眠状態の分析機能を観てみると、睡眠時間こそ(いつもそうだが)短いものの、…

世代交代しちゃったかなあ

五時四十分起床。今日は完全オフ。朝から読書。 先週末のランニングで転倒しかけた際に軽く足を痛めたので今週は休もうかと思っていたが、もうまったく痛まないので(そりゃそうだ。ほんとに軽かったから)ランニングへ。善福寺川沿いから練馬関町、吉祥寺方…

たいして変わらぬ朝の

今朝も五時四十分起床。今日は完全休養と決めていたからこんなに早く起きる必要はないのだが、動物たちの世話も掃除もあるから、とついついいつも通りに起きてしまうのだが、予想外の仕事のメールがいくつか届き、月曜でもいいというのに対応していたから、…

夏の名残

五時四十分起床。妻が出張中なので洗濯は自分でする必要があるが、掃除や朝の動物たちの世話は自分の担当なのでやることはあまり変わらない。 台風一過。秋晴れ、と言いたいところだがまだまだ夏の名残は色濃い。キンモクセイが散りはじめているというのに、…

音韻と不平等と

五時四十分起床。休日。まだ体調がよくない。副鼻腔炎のような鼻汁、かるい喘息のような息苦しさ。うーむ。 築地正明「言葉の音律に耳を澄ます 古井由吉と翻訳」(「群像」2021年9月号掲載)。翻訳という視点からの古井由吉論。ドイツ文学者出身の古井さんの…

することもなくのんびり

五時四十分起床。今朝もまた暑い。妻がちょっと体調不良。発熱はないが軽く咳が出ている。ぼくも少し喘息気味。今日は一日、外出することもなくのんびり過ごした。ランニングは少し不安があるので今日はヤメにし、明日、調子がよかったらすることにした。 三…

尾を引いているのか

五時四十分起床。今朝も朝から暑い。 仕事。昨日から取り掛かっていた某案件、午後早めに片付けることができた。先日の喘息発作が尾を引いているのか、少し疲れを感じていたので一時間ほど仮眠。その後、ウォーキングへ。やはり喘息の影響はあるらしく、いつ…

これくらいならびくともしない

五時四十分起床。湿度が高い。そして葵は朝からテンションが高い。週に三回は早朝から追いかけっこを強要されている。 仕事はちょうど谷間になってしまったので、今日はほぼ稼働せず。朝からひたすら本を読みつづけた。 十一時半頃、突然の豪雨。家の裏手を…

川沿いを東へ

六時起床。曇天だが時折陽が差す。朝から葵と追いかけっこ。ふくらはぎのあたりに数回襲いかかられた。 朝食を済ませ、ランニングへ。昨夜はスタンバイしたところで雨が降りはじめて断念したので、そのリベンジだ。善福寺川沿いを東へ。 View this post on I…

歯車の歯が一個分だけ

五時四十分起床。真夏のような暑さは感じないが、梅雨の湿気に口や鼻を軽くふさがれているような息苦しさがある。身支度はのろくなり、葵やコジコジのゴハンの準備も、いつものことだというのに、そのルーティーンが軽く乱れる。どこかで、歯車の歯が一個分…

どのパンを買おうかと悩んでいたら

今朝も五時四十分起床。雨。昨夜のランニングの疲れが取れていないのか、身支度の動作が緩慢だ。 日曜日だが、朝から仕事。某電設系メーカーの件をせっせと。午前中で予定していたところまで終わった。左手首のTFCC損傷のことを考えると、休ませる時間をしっ…

「雨の降っていない今のうちに」

今朝も五時四十分起床。今朝も朝のうちは陽が鋭く明るいが、雲は多くその色は重い。雲の切れ目から差す陽光がコントラストでより強く輝くということ、なのだろうか。いや、それは光学的な話ではなく印象的な話か。 身支度と朝食を済ませ、雨の降っていない今…

強引に、たぐり寄せるようにして

五時四十分起床。雨。葵は朝からゴキゲンだ。体調はすっかりよいらしく、食欲はあるし、快便。ひとまず安心。 念入りに掃除をしてから仕事開始。さてどうしよう、皆目見当もつかん、という内容の案件だったが、手を動かしてみると、不思議と糸口が見えてくる…

要するに、なんとかなる

昨日は終日時間に追われっぱなしで、眠ってからも頭が興奮していたのか、何度も目がさめた。その興奮を引きずるように、五時四十分、きちんと起床。不思議と眠気はない。疲労感もない。 八時、仕事開始。九時、リモートで打ち合わせ。そして十一時、二本目の…

根っこはおなじなのかもしれない

五時四十分起床。めずらしく筋肉痛。昨日のランニングのせいだろう。膝から下は愛用しているWELEDAのマッサージオイルで軽く揉んでおいたからコンディションは良いのだが、腿が厳しい。ストレッチは念入りにしておいたが、オイルマッサージはしなかった。 WE…

こういう寝方も

四時に目が覚め、五時にも目が覚めた。その間がよくわからないが、ズドンと深く寝ていたのだと思う。三十代のはじめごろに一日三時間程度の睡眠がしばらくつづいたら、カラダが慣れたのだろう、短眠型になった。といっても以前八時間程度寝ていたのが五時間…

鰻を掴もうとしているような

今朝も五時四十分起床。晴れているようで、早々に目覚めた葵は窓辺に置いてある低めの猫タワーのテッペンからじっと外を見ている。雀でも観察しているのか、それとも日を浴びてビタミンをつくっているのか。声をかけたら遊んでもらえると勘違いしたようで、…

ごまかしながら手を動かし

五時四十分起床。時折陽が差すが曇りがちの空。梅雨時の朝という印象だが、まだ五月だ。 仕事。一昨年手掛けた某美容系企業のパンフレットの改訂版を進める。 十一時、ウォーキングを兼ねて図書館、西友、コープとハシゴ。4kmほど歩いた。図書館は予約してお…

猫グッズが確実に

今朝も五時四十分起床。眠気が消えず、身支度がなにかともたつく。 午前中はせっせと掃除。キッチンに置いている食器棚、こまめに拭いているはずなのにホコリが積もっていて驚く。葵用の毛布や冬用のベッドを片付け、夏用のベッドを出してあげた。冬用の時は…

工藤庸子「大江健三郎と「晩年の仕事」最終回 「戦後の精神」について」

「群像」2021年6月号掲載。大江健三郎の2000〜2010年代に発表した作品を論じる連作評論の最終回。大江作品のユーモアや「笑い」についてから、戦後思想における大きなテーマである「天皇制」や「ポストモダン」との関連性について。「笑い」については、個人…

顕在意識が潜在意識を

五時三十分起床。サラリーマン時代の会社の夢を見たようだ。起きてすぐ書くようにしている夢の内容のメモにそう書いてある。だが、内容をさっぱり覚えていない。本当に見たのだろうか、と自分で自分を訝しむ始末だ。夢とは怪しいものだ。起きてからいくらで…

さよなら敷布団

五時四十分起床。異様な倦怠感と体の痛み。やはり、先日購入した敷布団が合わないらしい。左半身のしびれは昼頃まで取れず、頭痛もする。これはやばそうだ、ということで、手放すことにした。義父母に声をかけてみると、同居している義弟が欲しいと言ってい…

ショッキングなタイトルだが

五時四十分起床。晴れているが、午後は大気が不安定になり、またまたゴロピカと来るという。五月の連休とはこんなに悩ましい天気だったか、と記憶を辿るが、わからない。ただ、意外に風が強いという認識はある。風の強さと空の荒れっぷり、どこかでつながっ…

「道」の由来

五時四十分起床。晴れ。 ようやく右足ふくらはぎのケガも治り、寝違えもよくなってきたので、今朝は久々に走ることに。まだ長い距離を走るのはコワイ、という意識がある一方で体の軽快さも感じ、いつもよりはスピードを出せていたようだ。もちろん、短いぶん…

ぎっくり首

今朝も五時四十分起床。首はかなりよくなっているようだが、まだなお、しぶとい痛みが残っている。常時庇っていないと生活できないというほどではないが、だらだらとつづく違和感と時折自分が寝違えているということを強烈に思い出させてくれる痛みとが、行…

花鳥

今朝も五時四十分起床。日曜は嵐との予報だったが午前中はなんとかもちこたえてくれるようだ。六時を過ぎると日の光こそ厚い雲に隠れて見えないが明るくなってきたことに反応したのか、ウグイスが元気に鳴いている。確信はないが、声のハリや調子にのった感…

安藤礼二×佐々木敦「批評のマテリアリズム」

「群像」2021年3月号掲載。それにしても、最近の「群像」は読みたい作品が多過ぎて困る。「群像」以外の本を読めない。 で、本作。文学、映画、音楽と複数の分野で批評活動を展開する佐々木敦の小説論で、「群像」での連載をまとめた『それを小説と呼ぶ』刊…

気まぐれな食欲

五時四十分起床。一雨降ったようだ。湿度もそれなりに上がったようで、ここ数カ月感じつづけている朝の渇きが、今朝はゆるい。 葵、今朝は早く起きてリビングと書斎のあいだをスタタタタと駆け回っている。食欲もあるようで、昨夜のドライフード10gはペロリ…

蜂飼耳「過渡期の書 『東京物語考』考」

「群像」2021年3月号の古井由吉一周忌特集に掲載。古井さんとは「群像」で過去に対談もしている詩人による、古井さんの私小説論の傑作『東京物語考』の評論。評論の評論、ということになる。『東京物語考』、ウチにあるのだけれど読めていない。 古井由吉と…