わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

阿佐ヶ谷

時短健診

五時四十分起床。寒い寒いと繰り返しながら身支度、動物の世話。しかし寒いのは明け方のうちだけで、日が高くなるとそれほどでもなくなった。 朝食は摂らず、水だけ。 午後は妻と高円寺の河北健診クリニックへ。年一回の健康診断。今年から、バリウムによる…

微かに引きずって

五時四十分起床。肌寒い朝。だが雲はなく、すっきりと晴れている。冬みたいな空だな、と一瞬思ったが、実際にはまだなお夏を微かに引きずっている。 午前中は掃除やらアイロンがけやら。午後は妻と外出。阿佐ヶ谷の神明宮をお参りしてから、駅で僧侶をしてい…

しぶとく残って

五時四十分起床。喉の痛み、若干和らいではいるが、しぶとく残っている。これじゃ今日もランニングはしないほうがよさそう。気温を気にしつつ身支度。 掃除を済ませ、午前中は軽めのヨガをみっちりと一時間。体が硬いので、楽そうなプログラムでもそれなりに…

名エッセイストはみな

五時四十分起床。久々に土日を連続で休める。とはいえ、だからといって旅行に出かけたりするほどの気分ではなく、ひとまずカラダと脳味噌を休めておきたい、エネルギーを蓄えておきたいという気持ちのほうが強くなるのは、まだまだ緊張感がつづいているから…

余計な力を入れることなく

五時四十分起床。ここ数日、朝の目覚めが良い。日中に眠くなることはそれなりに多いのだが、それはさておき、すっきりと起きることができている。どうやら理由は、アキレス腱炎のケアのためにいつも以上に念入りにストレッチをしているからのようだ。筋肉が…

ゆらぎのような表情は

五時四十分起床。晴れ空が広がる清々しい朝だが、少しばかり目を離していると雲が広がったりもする。わずかな気まぐれさが、いかにも意外に気候が不安定になりがちなこの時期らしいが、午後からはそのゆらぎのような表情は消え、五月の連休はこうでなければ…

紅茶の縁

六時二十分起床。午前中は大澤真幸「〈世界史〉の哲学」(「群像」2019年2月号掲載。ドストエフスキーから資本主義を読み解く試み)を少し読んだり、アイロンをかけたり。Amazonから、葵のおもちゃの玉っころと、『僕たちは、宇宙のことぜんぜんわからない』…

歩いて、走る

六時十五分起床。軽く鼻炎。朝から鼻をかみつづける。しばらくすると自然に収まった。 初夏のすがすがしい朝日。まだ四月かと思うと違和感があるが、四捨五入すればゴールデンウィークと思えば納得できる。午前中はリビングの窓で朝日を浴びるのが日課になっ…