わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

早すぎるくらい早めに

五時三十五分起床。空に浮かぶ巨大なリゾート施設で遊ぶ夢を見た。大きな船のような、スタジアムのような、スペースコロニーのような、不思議な形をしていた。 八時十五分、外出。十時から小石川で取材なのだが、丸ノ内線で茗荷谷駅まで一本で、できれば座っ…

なんとかなりそう

五時四十分起床。慌ただしい日々はまだまだ続く。 午前中は事務処理と銀行、午後はリモートの打ち合わせやら企画書の作成やらコピーの修正やら、とにかく目まぐるしい。だが、ひとまずなんとかなりそうな雰囲気。 さて、こちらは私のお買い物。大忙しだった…

今日の事件簿

早朝ガブリ事件 雑炊うまいよ事件 家から出なかった事件 想定以上事件 みんな動いてる事件

濃紺と紫のグラデーションが

五時四十分起床。昨日の雨は上がり、夜明け前の空が見せてくれた濃紺と紫のグラデーションが美しい。葵にもわかるのか、窓から空を夢中になって眺めていた。 仕事。午前中はがっつりと作業を進めていたが、ここ数日アタマをフル稼働させる時間が長すぎたのか…

雪にならない

五時四十分起床。しとしとと雨が降っている。気温は下がり二度くらいしかないようだが雪にならないのが不思議だ。 妻は湯島の猫イベントに参加するため朝から外出。ぼくは残って仕事。この三連休もしっかり手を動かしておかないと、もろもろ間に合わなそうな…

今日の事件簿

ボールペン届いた事件 半分データアナリスト事件 半分デザイナー事件 面白そうなデザイン会社事件 猫の日は花子の命日事件 View this post on Instagram A post shared by 五十畑裕詞 (@catkicker001) View this post on Instagram A post shared by 五十畑…

今日の事件簿

ローマと70年事件 怒涛のメール&電話ラッシュ事件 意外と書けるね事件 チキンラーメン卵入り事件 雨の整骨院事件 フルグラ安いね事件 Iさんありがとうございます事件 エバンジェリストにならなあかん事件

暖かい、というよりぬるい

五時四十分起床。暖かい、というよりぬるい朝。夕方から雨だというので、朝のうちにささっとウォーキングを済ませておいた。汗だく。 仕事。とにかく慌ただしい。細かな案件の依頼が毎日のようにあり、案件数だけが増え続けている。それだけ経済が活発という…

今日の事件簿

相互理解事件 UDフォントまみれ事件 歯科で麻酔か…事件 レシートが1年違う事件 冷凍無人餃子店の餃子はうまかった事件

動き回り、飽きると

五時四十分起床。冬の寒さはおよそ感じられず、かといって春めいた感覚も希薄で、今がいつなのかよくわからない、そんな朝。しかし葵はご機嫌なようで、朝から活発に動き回り、飽きると窓から外をじっと眺めつづけていた。 日曜だが仕事。某案件の原稿。難易…

いつもとそれほど変わらない

五時四十分起床。昨夜は二十三時過ぎまで作業していたので、軽く疲れが残っている。体はどうということないのだが、眠気を軽く引きずっているようで、瞼だけが重い。睡眠時間はいつもとそれほど変わらないのだが。不思議だ。 八時から九時半まで仕事をし、掃…

今日の事件簿

黙々と作業事件 軽度の肉離れだった事件

今日の事件簿

ちょっと考えてみました事件 対策せな事件 腱鞘炎がラクになってきた事件 仲間作りってことですね事件 久々のA事件 優秀な若い人事件 鰤がうまいよ事件

冬の猫

五時四十分起床。 仕事。四月並の気温になるというが、北西にあり陽がほとんどささない書斎は冷えがちで、本当にそれほど暖かいのか、仕事をしている間はさっぱりわからない。いつも通りに着込み、いつも通りにエアコンで暖房を入れて作業。 十三時、某案件…

今日も「今日の事件簿」

不思議なプレゼン事件 名刺が切れた事件 歩いて新宿事件 讃岐うどんと宇和島えそちくわ事件 Dのコーヒーとは相性が事件 大慌て会議事件 View this post on Instagram A post shared by 五十畑裕詞 (@catkicker001)

今日の事件簿

せっせと読み上げ事件 不思議なご当地カレーレトルト事件 生涯三度目のチキンラーメン事件 カタログざんまい事件 すっぱい八朔事件 とろみのすくないビーフシチュー事件 View this post on Instagram A post shared by 五十畑裕詞 (@catkicker001)

さよならダモ鈴木

五時四十分起床。三連休の中日だが、今日も午前中はせっせと仕事。昨日、半分くらいまで進めておいた某案件の企画書を仕上げた。これで終わりかな、と手を止めた瞬間にアイデアが浮かんで、案を足すことにしたので少しだけ時間がかかった。 雑炊で昼食。 午…

再開、再開

今朝も五時四十分起床。日の出の時間がかなり早くなってきたようで、六時を過ぎると東側の部屋はうっすらと窓から陽がさすようになり、葵が空の色が徐々に変わっていくのを窓辺で楽しんでいるように見えた。鳥たちの鳴き声もよく響く。 仕事が追いつかないの…

今日の事件簿

打ち合わせレンチャン事件 久々のご連絡事件 やっぱり歩きにいけなかった事件 でも行けた事件 食物繊維もりもり事件 妻のカッターがすごすぎる事件 ブレないと評判のグランツのカッター買ってみた。ホントにブレない!重たくてびっくりしたけど。小物の製作…

ほんの数秒の話

またまた五時四十分起床。今朝は昨日より冷え込んでいるようで、布団から出るのが少々億劫になる。といってもほんの数秒の話だ。 仕事。やることが山積みになっているのだが、今日はどういうわけか電話やメールが少なく、着実にこなすことができた。 お弁当…

しぶとく

五時四十分起床。寝癖がひどい。 身支度してゴミを出しに外へ行くと、路面の雪はかなり溶けていた。雪かきで路肩に高くつまれた雪や歩道の中の雪子どもたちが作った雪だるまなどはしぶとく残っている。 仕事。期末が近いからか、そして二月は短い上に祝日が…

ちょうどあの名曲と逆の

五時四十分起床。雪は夜更け過ぎに雨へと変わり、ちょうどあの名曲と逆の天候となった。濡れ湿って溶け、自動車のタイヤや人の足に踏まれた雪の様子には、個人的には風情というものを感じることができない。早く溶けないかな。移動のしやすさを気にして、そ…

今日の事件簿

股関節がくがく事件 久々の再会事件 きちんとインタビュー事件 カレーヌードルと餅事件 ほぼ三十分きざみ事件 大雪事件 Webページ上が思いのほか便利事件 鰤うまうま事件 冬の稲妻、雪の稲妻、夜の稲妻事件

トイレを借りて音を比べて

五時四十分起床。雨。春の雨のように暖かで軽く、雨足は弱い。季節感がめちゃくちゃだな、と思いつつ身支度、動物の世話。鳥籠をバラして掃除した。 朝イチで少し仕事、といっても資料の読み込み程度。その後は掃除など。トイレの換気扇は埃を念入りに吸い取…

大吉だった/大吉先生が強すぎる

五時四十分起床。昨日ほどの厳しい寒さは感じられず。明日は立春、それなりに春は近づいているのかもしれないが、二月といえば寒さの本番、そのなかでいかにして春の兆しを見つけられるかが、この季節を楽しむコツということなのかもしれない。 午前中はせっ…

ナメハゲ

五時四十分起床。雲の厚い朝。冬の雲の厚さは夏ほどの厚みはなさそうなのに金属のような冷たさや硬さを感じる。一日中おなじような空、おなじような雲、という印象だった。冷え込みは昨日に比べると一段と厳しくいかにも冬らしい。落葉し裸になった木々がよ…

朝の吐く息の白さのことを

今朝も五時四十分起床。それほど寒くない。もっとも、寒い寒いと騒いでいる日も、ゴミ捨てのために外に出た時に吐く息の白さに驚くということはほとんどない。結婚して西荻のこのマンションに住むようになってから十年くらいは朝の吐く息の白さのことを何度…

五十四歳なのに二十歳

五時四十分起床。大学生に戻った夢を観た。自分の年齢は二十歳くらいになっているが五十四歳の自分と同じ人生経験をしていて、当時通っていた大学ではなく、まったく別の大学に満員電車に乗って通っているらしかった。同級生に上白石萌歌ちゃんと、あと数名…

身体も慣れて

五時四十分起床。起きるや否やの「寒い寒い」という独り言が多少はマシ、つまり減ったような気がする。相変わらずの寒さだがここ数日は幾分和らいだようで、身体も慣れてきたのかもしれない。 仕事。某CSR系案件の資料をひたすら読み込み、理解に徹する作業…

今日の事件簿

急遽銀行事件 急遽ハム事件 急遽請求事件 急遽アポ事件 あとはマイペース事件