わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

保坂和志

騒々しいくらい強く響く

今朝も五時四十分起床。外はまだ薄暗い。あと二週間で秋分なのだから日の出の時刻が遅くなっているのも当然だ。蝉の声は日に日に少なくなり、日が暮れると草の繁みのなかから秋の虫たちの金属のような声が騒々しいくらい強く響く。あそこには一体何匹いるん…

無関係の者が無闇に

五時四十分起床。寝汗が多くパジャマがぐっしょりだが、熱があるわけではない。平常時、健康時とおなじペースで身支度やら動物たちの世話やら朝食やらを済ませた。 仕事。某案件の企画書。構成はほぼ頭のなかでできあがっているので、あとはそれを清書するだ…

細切れの夢を高密度で

今朝も五時四十分起床。細切れの夢を高密度で一気に見させられた。そんな実感だけ残っているのだが、肝心の内容はさっぱり思い出せない。場面転換というよりもまったく別の話がはじまり、いや、はじまったというよりはその世界にいつの間にか自分がいるよう…

ラブレターの代筆をしているような

五時四十分起床。雨は降っていないようだが、雨降りの朝のような体の重さを感じるのは、昨日が慌ただしく微かに疲れを引きずっていたからか。疲れているという自覚はないが、自分の体の動きの緩慢さやマブタの重さから、ハッと気づかされるということはある…

YMO世代なのだそうだ

五時四十分起床。曇天。今ひとつスッキリしないが、猫もインコも機嫌はいい。 仕事。朝イチで某案件のための打ち合わせの資料を作成してから、事務処理のために銀行を回る。ついでに荻窪のベーカリー「吟遊詩人」でパンを購入。いつも店内に80年代から90年代…

アジサイの花に混じって

今朝も五時四十分起床。男子トイレの便器を修理する夢を見た。小便器を修理していたのに、いつの間にか和式の大便器にすり替わっていた。 仕事。朝から某得意先の社長へのインタビューのために、そのクライアントの中期経営計画書などの資料をひたすら読みつ…

なんとか持ち直し

五時四十分起床。曇天。妻の誕生日。おめでとう。 仕事。とにかく慌ただしい。予想外の動き方をする案件が多くてパンクしかけたが、一方で得意先の都合で遅れている案件もあったので、なんとか持ち直した。土日も仕事でランニングする時間も取れないありさま…

翻弄されっぷり

五時三十分起床。朝から外出なのでほんの少しだけはやく起きてみたが、葵のゲロの始末にその時間すべてを費やした。 十時、池袋へ。某案件のプレゼン兼ヒアリング。以前から大好きな会社の一つなのだが、中身も社員さんも素敵だった。 戻ってからはバタバタ…

ワイシャツが朝日を反射して

五時三十分起床。曇りがちだがかろうじて青空が見える。雲は細かくちぎれ、どことなく秋のうろこ雲を思わせた。 午後はバタつきそうだったので、朝のうちにウォーキング。通学途中の高校生たち、もう誰もジャケットを着ていない。白いワイシャツが朝日を反射…

動く首、多い人

五時四十分起床。首、かなり痛みがなくなってきた。激痛に顔をしかめるようなことがなくなってきた。可動域も広がり、下を向けるようになった。 午前中は掃除。午後からは外出。先日、セブン&アイの商品を扱う日テレの通販番組で見た敷布団がよさそうなので…

慣れではなくて、恢復の

激痛で何度も目覚めた。首だ。五時四十分、起床時間になんとか上体を起こしたが、ひどい激痛とこわばりに、これは今日一日を棒に振ってしまうのではないかと心配になったが、身支度やら動物の世話やらを進めていくうちに、痛みに慣れていった。これはあくま…

大きな生き物の吐く息

今朝も五時四十分起床。雨。だが天気予報がさんさん脅しつづけていたような嵐ではなく、やや強めの春の雨、という印象。外はぬるい風が強く吹く。風を受ける肌の感触が、大きな生き物の吐く息のようで心地よくはない。 仕事。某美容系案件の企画。 夕方、美…

キュッポンキュッポン

五時四十分起床。暖かな朝。油断して気がゆるんでいるのか、血圧が高い。 仕事。昨日さんざん悩んだ某案件のアイデアの取りまとめ。ところが、一晩寝て頭が切り替わったのだろう、悩んだ部分の答えが見えてきた。追加のアイデアとしてささっと取りまとめ、得…

保坂和志「鉄の胡蝶は歳月に記憶を夢に彫るか」(31)

「群像」2021年3月号掲載。連載開始から、もう2年半か…。当初は『未明の闘争』とおなじような作品だと思っていたが、まったく異なる方向に進んでいる。ただ、どこが異なっているのかがよくわからない。『未明の闘争』のほうが物語性があったような気がするが…

保坂和志「鉄の胡蝶は記憶に夢の歳月に彫るか」(30)

「群像」2021年2月号掲載。相変わらずタイトルがうろ覚えっぽい感じに定まっていない。章タイトルは「軒下の猫の道にヒマラヤ」。猫の生物的な感覚と身近な行動、そしてヒマラヤの山と空。小ささと壮大さが対比されているのではなく、地続きになっている感じ…

保坂和志「鉄の胡蝶は夢に歳月の記憶に彫るか」(29)

「群像」2021年1月号掲載。副題は「南無阿弥陀仏、川へ海へ山へ空へ」。無常について。公園で遊んでいた二匹の子猫のエピソードが、生命とは何かを日常的なレベルから考えさせてくれる。だが、作者自身には読者に何かを考えさせようというような意図はおそら…

保坂和志「鉄の胡蝶は歳月は記憶の夢は彫るか」(28)

「群像」2020年12月号掲載。 マティスの創作手法を「さっさかさっさか」と表現していた。ちょっと笑った。 群像 2020年 12 月号 [雑誌] 発売日: 2020/11/07 メディア: 雑誌 ハレルヤ 作者:和志, 保坂 発売日: 2018/07/31 メディア: 単行本 プレーンソング (…

保坂和志「鉄の胡蝶は歳月は記憶の夢は彫るか」(28)

「群像」2020年12月号掲載。今月はこのタイトル。 マティスの創作手法と作品、そしてジャコメッティとの類似性。川端と谷崎の変態性、そしてマティスの変態性のなさ。ふーむ。 群像 2020年 12 月号 [雑誌] 発売日: 2020/11/07 メディア: 雑誌 ハレルヤ 作者:…

クジラをポチる

五時四十分起床。雨。血圧を測定したが、妙に高い。夢にグラビアアイドルが出てきたからだろうか。 午前中は土曜恒例の念入り掃除。花子と麦次郎が元気だったころに比べると、掃除機をかける時間が短くて済むようになった。ま、カーペットに絡んだ毛の大半は…

粉をぶちまける

五時四十分起床。起床直後に血圧を測るのが日課なのだが、今朝はちょっと高かった。原因がわからない。 身支度。少しだけノドが痛かったので龍角散を飲んだら、口に入れた途端に咳き込んでしまい、コントみたいな状況になってしまった。 仕事。ヤバいと思っ…

保坂和志「鉄の胡蝶は記憶に夢は歳月は彫るか」(27)

「群像」2020年11月号掲載。 エルトン・ジョンの歌の解釈が、ひどい寄り道をしながら延々とつづいている…。むしろ、寄り道のほうに主眼があるのではないか、意図的な寄り道なのではないか、と勘繰ってしまう。 群像 2020年 11 月号 [雑誌] 発売日: 2020/10/0…

保坂和志「鉄の胡蝶は記憶に夢は歳月に彫るか」(26)

「群像」2020年10月号掲載。今月もまたタイトルが微妙に違う。 性愛の、人の創造と理解を超える激しさ、あるいは書き写すことの効用。 群像 2020年 10 月号 [雑誌] 発売日: 2020/09/07 メディア: 雑誌 ハレルヤ 作者:和志, 保坂 発売日: 2018/07/31 メディア…

迫り来るフグの列

海辺にいるらしい。外ではない。海辺に建てられた施設だ。そこで妻とくつろいでいると、建物を覆い尽くすほどの大きな波が寄せてきた。その波と一緒に、海の中にいたありとあらゆる生きものが押し寄せてきた。右上のほうに、フグがいた。建物の中だから波も…

いきなりラン

五時四十分起床。昨夜は走る予定だったがカミナリで断念。ところがたいして雨は降らず。とはいえ稲光と雷鳴のなかを走るのはちょっとコワイ。でも走ればよかったかな、なんて思っていたら今朝はまったく降っておらず、無論カミナリもなく、おまけに涼しい。…

保坂和志「鉄の胡蝶の歳月の記憶に夢に掘るか」(24)

「群像」 2020年8月号掲載分、読了。 以前は語り手が過去の記憶を思いつくままに辿っていったたり大きく離れてみたり…というインプロビゼーションみたいな流れが作品をかたちづくっていたが(実際は計算づくの可能性もあるけれど)、ここ数回は新型コロナ前…

保坂和志「鉄の胡蝶の歳月の記憶に夢に掘るか」(24)

「群像」 2020年8月号掲載。まだ全部は読めてない。そして、またタイトルが微妙に変わっている。 新型コロナウイルスの流行中に、やたらに外猫にエサをあげてしまうダメな元警官の老人が引っ越すことになる。その老人が住んでいた家の解体工事によって、猫た…

リアルな感覚は確かにあったのだが、

梅雨冷えの夜。何度も目が覚めてしまい、これはアカン、とタオルケット一枚で寝るのを諦め、少しだけ綿の入った薄い布団を引っ張り出した。だが繰り返し起きていた理由はそれだけではない。小便だ。寝る前に水分を取り過ぎた。明け方はトイレに入っている夢…

保坂和志「鉄の胡蝶は記憶を夢に歳月に掘るか(22)」

「群像」2020年5月号掲載。1号あたりの掲載量がとにかく多いので、なかなか読み終わらないのだが… 猫たちの、そして人間の死を数多く見届けてきた語り手は、死の向こう側の世界を否定する人たちに反論するかのように、自分は肯定も否定もしない、と主張する…

保坂和志「鉄の胡蝶は記憶を夢に歳月に掘るか」(22)

「群像」2020年6月号掲載。先日、NHKの猫番組に保坂和志とこの作品に登場する「シロちゃん」が出演するドキュメンタリーを放送していた。現実とどこまでリンクしているのだろう。 猫の死の記憶が、次々と思い出されていく。『未明の闘争』のラストもこんな感…

ガラガラの人と春の花

五時四十分起床。晴れ。葵は青空と朝日に刺激されたようで、早朝から遊ぶ気満々になっている。少しだけ追いかけっこに付き合わされた。よく遊ぶ猫だ。 仕事。 夕方、妻とウォーキング。ついでに妻の画材を調達。世界堂がやっていないので、荻窪の西友でなん…