わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

小説

明治大正あたりの時代と高校時代が

四時、目が覚めてしまう。明治大正あたりの時代と高校時代が混じったような、おかしな夢を見た。内容はさっぱり覚えておらず、夢のせいで目が覚めたわけでもないのだろうが、その後、ほんの少しの間だと思うが、眠れなかった。 五時四十分、きちんと起床。身…

より強い雨音が

昨夜は鼻詰まりと後鼻漏で眠れず。点鼻薬でなんとか持ち堪えることができた。 五時四十分起床。激しい雨。時折、より強い雨音が数秒間だけ聞こえてくる。ムラのある雨雲なのだろうか。 仕事。某生命保険会社の案件を黙々と。電話やメールも少なく、比較的集…

それはそれで退屈

五時四十分起床。爽やかな初夏、という印象。こんな日々がずっとつづけばいいのに、と思う反面、それはそれで退屈、と本気で考える自分もいる。 仕事。某建設会社の案件が一時的ではあるが落ち着いたので、生命保険会社の案件を一気に進めようとしたものの、…

また、いつの間にやら

四時、鼻詰まりで目が覚めてしまう。点鼻薬を使ったらすぐにスッと通った。効きすぎて怖いな、と思ったのも束の間、すぐ二度寝に落ちたようだ。五時四十分起床。 朝から雨がぱらついていたが、いつの間にか止んでいた。特に空模様を気にすることなく、書斎で…

予感

五時四十分起床。今日も五月晴れ、東側の窓から差し込む朝日の明るさと鋭さを見ただけで、暑くなる予感がしてくる。とはいえ湿度はさほど高くなさそうだから、それなりに快適なのかもしれない。カリフォルニアあたりの気候はこんな感じか、こういった空模様…

時折迷路に

五時四十分起床。今日も五月晴れ。妻が日焼けを気にしそうなくらい、すっきり晴れた。 憲法記念日で休日だが、間に合わないので仕事。某航空会社の案件。時折迷路にはまり込んでしまうのだが、それでもなんとか、資料を見てはメモをつくり、メモをつくっては…

あるような、ないような。

五時四十分起床。雨。ゴールデンウィークにこれほど強い雨は珍しいのではないか、と思ったが、意外にこの季節は不安定なのかもしれない。五月は風が強い印象がある。これは鯉のぼりのイメージが頭にあるからかもしれないが、スポーツカイトを楽しむなら五月…

溶けはじめ

五時四十分起床。学生時代とサラリーマン時代と今とがごちゃまぜになったような、不思議な夢を見た。内容はさっぱり思い出せない。 昨日はまったく作業ができなかった。今日こそは、と意気込んで仕事開始。某産業用ロボットメーカーの案件。何が何やら、さっ…

明日こそは腰を据えて

五時四十分起床。雨。 早朝から仕事。経理系の仕事や見積を黙々と。某産業用ロボットメーカーの案件を進めるつもりだったが、お金の計算やら振り込みやら銀行への問い合わせやら会計ソフトへの入力やら、あれこれこなしていたら、まったく時間がなくなってし…

散る様子をあまり見なかった

五時四十分起床。今日も朝から忙しい。十二時に昼食を取ることができず、十四時過ぎになってしまった。 十八時、少し落ち着いたのでウォーキングへ。ツツジが鮮やか。桜はほとんどが散り、新緑ばかりの木もある。今年は散る様子をあまり見なかった。 読書は…

夏へ勇み足

五時四十分起床。目覚めの直後に軽くではあるが体のだるさを感じるようになってきた。おそらくここ数週間は多忙で八時には仕事をはじめているというのに、途中に食事休憩や軽いウォーキングの時間を挟んではいるものの、二十二時過ぎまで働くことも度々あり…

朝からスイッチ

五時四十分起床。多忙な日々がつづいているが、朝からスイッチが入るようなことはなく、ひとまず身支度をして動物たちの世話をして朝食をとり、さて、というところで切り替わることになる。土日にある程度作業を進めておいたので、少しではあるが気持ちに余…

祈りつづけて

五時四十分起床。朝のうちは小雨がぱらついていたようだが、いつの間にか止んでいた。桜がこれで散るのではないかと少し不安になったが、雨はそれほどの強さではなかったようだ。 仕事。十一時、リモートで会議。内容は楽しいのだが、後半は猛烈な尿意を感じ…

ぬるいな

五時四十分起床。今日は初夏のような暑さになるという。確かに朝から気温は高いようだが、家の中はどういうわけか冷えが残る。朝日の入らない北側と西側の部屋は特にその傾向が強く、もう一枚羽織りたくなる。だが、そう感じるのも朝のうちだけの話。陽が高…

納得いく科学的な説明はできるのだろうが

五時四十分起床。激しい雨、強い風。嵐のようだな、というより、これはもう嵐だ、と思いつつ身支度をしていると、いつの間にかやんでいた。晴れるのか、と思ったが病んでいたのは束の間で、たちまち元のような降り方に戻った。雲の切れ目のようなものにたま…

遠いようにも

五時四十分起床。うっすらと寒いのだが暖房を入れるのは躊躇われる程度で、春分を過ぎたのだからこの程度なのだろうなあ、とは感じるものの、まだ桜の開花は遠いようにも思える。 仕事。朝から事務処理のために法務局、郵便局、銀行を回る。月末で年度末でも…

今度は寒くない

四時、寒くて目が覚めてしまう。毛布を一枚余計にかけるとすぐ落ち着いた。まだまだ冬の名残はつづく、ということか。今年は早めに咲くなどと言われていた桜も、開花にはまだ遠そうだ。 五時四十分起床。今度は寒くない。 仕事。某Web案件の企画。先日の打ち…

サーターアンダギーを買って

五時四十分起床。朝の冷え込みはほとんど感じないが、その引き換え、という言葉は妥当ではなさそうだが、春の雨でわずかに気温と湿度が上がっている感じがする。そろそろ桜が咲く時期でもあるが、この雨がどう影響するのだろう。 仕事。朝イチで経理関連をこ…

さくら猫展へ

五時四十分起床。小雨。春は何かと天気が崩れやすい。近頃は袴姿の、大学の卒業式らしい女の子をちらほら見かけるが、自分の卒業式は前日に大雪が降って足元が悪かったことを思い出した。 十一時半、妻と外出。西荻窪駅で妻の友人Mさんと合流し、祖師ヶ谷大…

診察料380円

五時四十分起床。右ハムストリングの肉離れはかなりよくなっているが、寝起き直後はどうしても痛む。体の冷えや強張りが影響するのだろう。激痛が走るようなことはもうないのだが、それでも布団から抜け出し立ち上がる時はつい慎重になってしまう。 仕事。某…

新たな山

五時四十分起床。昨日はいろんな媒体で3.11の特集をしていたが、一時期に比べるとかなり情報量が減っている。当然の流れなのだろうが、少し不思議な気になる。 十時三十分、雨の中を浜松町へ。某案件の会議。終了後、印刷会社の方と昼食を取り、午後から同じ…

強い音が響いて

五時四十分起床。一ヶ月ぶりの完全休日、とはいえ確定申告をする必要があるから、ほんの少しだけではあるものの、仕事をするようなものだ。 朝のうちはモノクロのマーブル模様に近い、明るいがやや濃淡のはっきりした灰色の雲に空が覆われていたが雪の気配は…

本当に雪だったのかと

五時四十分起床。冷え込みの厳しさに辟易しつつリビングから外に目を向けると、雪が向かいの一戸建ての屋根にびっしり積もっていたので驚いた。みぞれかと思ったがぼた雪に近く、それが風に煽られて横へ横へと降り流されていく。交通機関が心配になったが九…

掛け布団をストールのように首に巻いて

五時四十分起床。掛け布団をストールのように首に巻いて街をうろうろする夢を見た。東武日光線の栗橋か新古河らしき駅に入り、忘れ物保管所で20年前に落としたメモ帳を受け取り、その後音楽家のヒャダインさんとあれこれ会話をしていたが、その内容は覚えて…

多少柔軟にはなれたのだろうが

五時四十分起床。気温の変化が激しすぎているものの、季節が少しずつ春が近づいているのが朝の気温でならよくわかる、と思ったものの、ゴミ出しのために外にでると、寒い寒い寒いと条件反射のようにこの言葉が口から立て続けに出てくる。ここ数日は風が強く…

早すぎるくらい早めに

五時三十五分起床。空に浮かぶ巨大なリゾート施設で遊ぶ夢を見た。大きな船のような、スタジアムのような、スペースコロニーのような、不思議な形をしていた。 八時十五分、外出。十時から小石川で取材なのだが、丸ノ内線で茗荷谷駅まで一本で、できれば座っ…

暖かい、というよりぬるい

五時四十分起床。暖かい、というよりぬるい朝。夕方から雨だというので、朝のうちにささっとウォーキングを済ませておいた。汗だく。 仕事。とにかく慌ただしい。細かな案件の依頼が毎日のようにあり、案件数だけが増え続けている。それだけ経済が活発という…

いつもとそれほど変わらない

五時四十分起床。昨夜は二十三時過ぎまで作業していたので、軽く疲れが残っている。体はどうということないのだが、眠気を軽く引きずっているようで、瞼だけが重い。睡眠時間はいつもとそれほど変わらないのだが。不思議だ。 八時から九時半まで仕事をし、掃…

冬の猫

五時四十分起床。 仕事。四月並の気温になるというが、北西にあり陽がほとんどささない書斎は冷えがちで、本当にそれほど暖かいのか、仕事をしている間はさっぱりわからない。いつも通りに着込み、いつも通りにエアコンで暖房を入れて作業。 十三時、某案件…

再開、再開

今朝も五時四十分起床。日の出の時間がかなり早くなってきたようで、六時を過ぎると東側の部屋はうっすらと窓から陽がさすようになり、葵が空の色が徐々に変わっていくのを窓辺で楽しんでいるように見えた。鳥たちの鳴き声もよく響く。 仕事が追いつかないの…