わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・芸術・哲学・思想の読書&鑑賞日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

日本文学

大きな生き物の吐く息

今朝も五時四十分起床。雨。だが天気予報がさんさん脅しつづけていたような嵐ではなく、やや強めの春の雨、という印象。外はぬるい風が強く吹く。風を受ける肌の感触が、大きな生き物の吐く息のようで心地よくはない。 仕事。某美容系案件の企画。 夕方、美…

めまいではない

五時四十分起床。曇天。夜には雨が降るという。午前中は掃除、午後からは仕事をしたかったので走るなら夜だなと思っていたが雨降りの夜に走るのはちょっと危険、しかも筋膜のケガから復帰の一発目、おまけにまだ完全ではないのだから、総合的に考えて今日走…

円環

五時四十分起床。 仕事。あまりに慌ただしすぎて、メールや電話の対応だけで1日の大半を費やしてしまった。何か作業をしようとすれば別件の連絡が入り、そちらの資料に目を通し直していると、また別の、という終わりのない円環に迷い込んだような状況になり…

キュッポンキュッポン

五時四十分起床。暖かな朝。油断して気がゆるんでいるのか、血圧が高い。 仕事。昨日さんざん悩んだ某案件のアイデアの取りまとめ。ところが、一晩寝て頭が切り替わったのだろう、悩んだ部分の答えが見えてきた。追加のアイデアとしてささっと取りまとめ、得…

ほぼノーマル

五時四十分起床。鼻水。軽度ではあるが、この歳になっていよいよスギ花粉症の症状が表れはじめたようだ。血液検査をしてくれた医師からすると、今まで無症状だったのがかなり不思議だったらしい。点鼻薬、そして意味なしわかってはいるが、龍角散でごまかし…

気まぐれな食欲

五時四十分起床。一雨降ったようだ。湿度もそれなりに上がったようで、ここ数カ月感じつづけている朝の渇きが、今朝はゆるい。 葵、今朝は早く起きてリビングと書斎のあいだをスタタタタと駆け回っている。食欲もあるようで、昨夜のドライフード10gはペロリ…

蜂飼耳「過渡期の書 『東京物語考』考」

「群像」2021年3月号の古井由吉一周忌特集に掲載。古井さんとは「群像」で過去に対談もしている詩人による、古井さんの私小説論の傑作『東京物語考』の評論。評論の評論、ということになる。『東京物語考』、ウチにあるのだけれど読めていない。 古井由吉と…

ウンコと読書とテイクアウトと

五時四十分起床。 九時、妻が動物病院に電話。まだ少し軟便が出る葵の治療をどうするか、相談。昨夜に採ることができた便を持って病院に来てほしいとのこと。午前中のうちに自転車で行ってもらった。そのあいだ、ぼくは念入りに掃除。便を検査したところ悪い…

保坂和志「鉄の胡蝶は歳月に記憶を夢に彫るか」(31)

「群像」2021年3月号掲載。連載開始から、もう2年半か…。当初は『未明の闘争』とおなじような作品だと思っていたが、まったく異なる方向に進んでいる。ただ、どこが異なっているのかがよくわからない。『未明の闘争』のほうが物語性があったような気がするが…

いかり肩の悩み/西荻窪テイクアウト(洋食編)

今朝も五時四十分起床。やや暖かな朝。横を向いて寝たら首が痛い。いかり肩体型なので、横向きで寝ると首が落ち着かなくなるのだ。気づくと枕の上でさらに腕枕をしていたり、枕をおかしなカタチに折りたたんで寝ていたということがあったが、今朝は何もして…

アイデア、アイデア、アイデア。

五時四十分起床。晴れ。今朝も葵は気持ちよさそうに東側の窓で日向ぼっこをしているが、おなかが空いて慌ててゴハンを食べたようで、その直後だろうか、食べたものを全部吐いた。猫にはありがちの行動。先代猫の麦次郎や花子も似たようなことを散々していた。…

篠突く雨のなか

五時四十分起床。雨。 仕事。妻は検査のために病院へ。念のため、というレベルだったが、まったく問題なかったとのこと。それよりも、篠突く雨のなかの通院がしんどかったと思う。 夕方には青空が見えはじめた。日が落ちてから、仕事が一段落したのでウォー…

川上弘美「夜中目が覚めた時に必ず考える」

「群像」2021年3月号掲載。2月号に掲載されていた(読んだけど読書日記には書いていない気がする)「あれから今まで一回もマニキュアをしたことがない」のつづき。私小説なのだろうか。幼い頃にアメリカでご近所さんだったカズという男と語り手である女性小…

工藤庸子「大江健三郎と「晩年の仕事」」(5)『晩年様式集』十年後に読む「カタストロフィー小説」

「群像」2021年3月号掲載。この連載評論もいよいよ最後(なのかな)。大江さんが震災直後からリアルタイムに自分をモデルにしつづけながら二年以上にわたり「群像」で連載していた小説。この作品、それまでの大江健三郎の仕事をすべて否定しかねないような自…

若松英輔「見えない道標」

「群像」2021年3月号掲載の新連載。評論家が「創作」で連載ということだったが、読んでみると、文学評論であり、同時に私小説であり、エッセイでもあり…と、カテゴライズが困難な内容。文学とともにあり続けた一人の男性を、人生ではなく、文学を軸にして語…

高山羽根子『オブジェクタム』

表題作。祖父のヒミツの壁新聞制作を手伝う小学生の頃と大人になった現在、二つの時間軸で物語は進む。小学生の頃のストーリーは、同じ小学校に通う女の子のDVだの手品をする謎のおじさんだのが登場し、さらに祖父は病に倒れてしまう。そして壁新聞は、主人…

山尾悠子「部屋と喫水」

「群像」2021年2月号の短篇特集に掲載。死と再生のイメージが凝縮されているのだが、それでいて妙な起伏があり、各シーンの意味は理解できないのに一方で妙に映像的で、なんだか不思議な作品。小説ではあるけれど、散文詩に近いと思った。 群像 2021年 02 月…

高山羽根子『オブジェクタム』

ちょっと前に買って積ん読していた短篇集。まずは表題作。語り手の、小学生の頃の祖父との思い出がつづられているのだが、その思い出がかなり変わっている。祖父は実は、町内で話題の、ゲリラ的に掲出されている謎の壁新聞の作り手だった。語り手の少年はそ…

堀江敏幸「二月のつぎに七月が」(34)

「群像」2021年2月号掲載。いつもの食堂の雰囲気とは少しだけ違う、そんな状況での、よく知った人、あるいはまったく知らない人、知っていたはずだけれど忘れていた人、そんな、いろんな人とのささやかなコミュニケーションが、地味だが生き生きと語られてい…

保坂和志「鉄の胡蝶は記憶に夢の歳月に彫るか」(30)

「群像」2021年2月号掲載。相変わらずタイトルがうろ覚えっぽい感じに定まっていない。章タイトルは「軒下の猫の道にヒマラヤ」。猫の生物的な感覚と身近な行動、そしてヒマラヤの山と空。小ささと壮大さが対比されているのではなく、地続きになっている感じ…

長野まゆみ「ゴッホの犬と耳とひまわり」(13)

「群像」2021年2月号掲載。しばらく別の絵本の話などに脱線していたが、この回からまたゴッホのものらしい家計簿の話へと戻った。といっても、今回の内容はただひたすらに文化人類学者であり主人公に家計簿に記入されたメモ書きの翻訳を依頼した河島の、ゴッ…

瀬戸内寂聴「その日まで」(19)

「群像」2021年2月号掲載のエッセイ。三島由紀夫との思い出。寂聴がミシマとデビュー前から親交があったのは知らなかった。ボディビルに目覚めてから自決までの大きな変遷を複雑な思いで見つめていたのがよくわかる…。寂聴さん、数えで今年100歳だそうです。…

上田岳弘「ボーイズ」

「群像」2021年2月号の短篇小説特集に掲載。あるディンクス夫婦の住むマンションへ、本当ならオリンピックの開催期間中だったはずの二週間に、弟の子どもたち兄弟二人が泊まりにやってくる。弟は妻と別れたばかりで、兄弟たち(作中では「ボーイズ」と呼ばれ…

円城塔「距離のふたり」

「群像」2021年2月号の新年短篇特集に掲載。テシオガマミツルとテガクラセミモヨのあいだには10の距離がある、という話。人の名前=言葉とアルゴリズムをテーマにした(と断定できるほどアルゴリズムっぽいわけではないのだが)、円城節炸裂の良作。 群像 20…

田中兆子「地球より重くない」

「群像」2021年2月号掲載。推理小説家の夫の突然の死。夫が妻に残してくれたのは、蔵書を使った奇妙なカルタだった…。言葉で、本で、つながりあう夫婦の姿。奇妙だというのに、妙に共感してしまった。上質な短篇。というよりこのテーマ、短篇にするにはちょ…

長嶋有「願いのコリブリ」

「群像」2021年2月号掲載。今月号は新春恒例の短篇特集。 この作品は半分くらい読んだかな。長年愛用していたプジョーの白い自転車を盗まれた女性。盗まれて初めてわかる、モノへの想い。愛着とは少し違う。ほかの記憶や感情が、そこにたくさんぶら下がって…

保坂和志「鉄の胡蝶は夢に歳月の記憶に彫るか」(29)

「群像」2021年1月号掲載。副題は「南無阿弥陀仏、川へ海へ山へ空へ」。無常について。公園で遊んでいた二匹の子猫のエピソードが、生命とは何かを日常的なレベルから考えさせてくれる。だが、作者自身には読者に何かを考えさせようというような意図はおそら…

不要で再利用不能で可燃な

六時起床。 日中はせっせと掃除。明日が可燃ゴミの最後の収集日なので、今日ある程度の片付けをしておかないと、年が越せない。案の定、不要で再利用不能で可燃なゴミは45Lの袋3つ分になった。 読書は長野まゆみ「ゴッホの犬と耳とひまわり」(12)(「群像…

乗代雄介「旅する練習」読了

「群像」2020年12月号掲載。 サッカー、コロナ禍、仏教、ジーコ、柳田国男、野鳥、文章によるスケッチ、年齢差のある友情、就職難…といったさまざまな要素が、軽快にくっついたり重なりあったり離れたりを繰り返しながら、単調な「徒歩での旅に動きを与えて…

負担少なく快適に

五時四十分起床。 仕事。企画制作の業務は大半が片付いた。日中は残りの事務処理のために銀行に行ったり、帳簿を付けたり、年賀状をつくったり。師走ではあるが、ひとまず全力疾走から七割、五割くらいの、負担少なく快適に走れるくらいのスピードにはなって…