わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

小島信夫『うるわしき日々』

 血のつながっていない息子の介護に根を上げはじめる老夫婦。その、状況に翻弄されつづけるさまが悲惨ゆえにこっけいなのだけれど、そこにふわりと、まっとうな悲しみが戻ってくる。
 武田泰淳『目まいのする散歩』の後半にちょっと通じるところがあるかな。