わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

救急(遅れて書いてます)

 三時、気持ち悪くて目が覚めてしまう。トイレに直行。激しい嘔吐。すでに消化していてもよさそうなのに、食べたものがほぼそのまま出てきた。
 四時、二度目の嘔吐。まだ出る。五時、三度目。六時、四度目。八時、五度目。もう水分しか出てこない。発熱しているようだ。カミサンが救急病院を探してくれた。近所の荻窪病院が対応してくれるそうなので、タクシーで向かう。
 九時前に到着。少々待たされる。軽く診断を受けるが、受けている最中に六度目の嘔吐。すぐに点滴を受ける。五分もすると吐き気は収まり、楽になった。血液検査、レントゲン。十一時、診察結果が出た。食中毒の疑いはなさそうだ。胃腸に来る風邪なのだろうか。自己回復力にまかせて、今日明日は安静。抗生物質などは飲まず、整腸剤と吐き気止め、あとは三十八度以上になったときの解熱剤だけ処方された。
 帰宅後はひたすら睡眠。三十八度五分まで体温が上昇。解熱剤を使うが、なかなか下がらず。よく見たら二錠服用のところ一錠しか飲んでいなかった。再び三十八度以上になったときに二錠飲んだら、なんとか落ち着いてきた。