わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

保坂和志「未明の闘争」(39)

「群像」1月号掲載。もう、なにがなんだか、わけがわからない。現実世界における意識や関心の不安定な移ろいや焦点のあいまいさを、そのまま文章化したような。回を追うごとに、この傾向がより顕著に、そして過激になっていく感じ。

群像 2013年 01月号 [雑誌]

群像 2013年 01月号 [雑誌]

保坂和志の作品はこちら。