わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

中上健次『熱風』

 深海の浜を悪霊に取り憑かれたように歩く毒味男とタケオ。空想のなかで路地の裏山からオリュウノオバが話しかけてくる。

 中上の作品、一種のキャラクター小説でもあるんだよなあ。語り部であるオリュウの存在感は圧倒的で、半蔵やオリエントの康、タイチといった魅力的な人物も続々と登場する。

 

P+D BOOKS 熱風

P+D BOOKS 熱風

 
中上健次全集〈13〉

中上健次全集〈13〉

 

 

中上健次の作品はこちら。『岬』は特に好きな作品。