わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

諏訪哲史「市民薄暮」

「新潮」6月号掲載。夢なのか妄想なのか記憶なのかさっぱりよくわからない、少なくとも現代ではない、どうやら過去らしい夢幻の中で、主人公らしき男は、祭りの最中にある街をぶらつく。いや、彷徨うという言葉のほうがふさわしいかな。

新潮 2010年 06月号 [雑誌]

新潮 2010年 06月号 [雑誌]

新潮 2010年 07月号 [雑誌]

新潮 2010年 07月号 [雑誌]

アサッテの人

アサッテの人

りすん

りすん

ロンバルディア遠景

ロンバルディア遠景

↓これはよく似た名前の違う人。
オレ様化する子どもたち (中公新書ラクレ)

オレ様化する子どもたち (中公新書ラクレ)