わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

週刊モーニング

 今週はお休み。先週号の、読み残していたところを読んだ。
「草子ブックガイド」なぜか舞台は西荻窪。確かに文学の香りはする街だけど(いや、していた街、というべきかな)、そんなに古本屋さんはないんだよね(いや、ホントは他の街より多いけれど、ぼくの感覚がマヒしてるのかも)。で、今回取り上げた作品はハインラインの『夏への扉』新訳版。この作品は未読だし最近はSFものをまったく読まなくなったが、作中で主人公の中学生・草子が書いたブックガイドを読んだら、少し読みたくなった。扉を開ける力、だよなあ。

草子ブックガイド(1) (モーニング KC)

草子ブックガイド(1) (モーニング KC)

夏への扉[新訳版]

夏への扉[新訳版]

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)

夏への扉 [英語版ルビ訳付] 講談社ルビー・ブックス

夏への扉 [英語版ルビ訳付] 講談社ルビー・ブックス

東京旅行〈2号〉西荻窪・吉祥寺

東京旅行〈2号〉西荻窪・吉祥寺

散歩の達人 2012年 02月号 [雑誌]

散歩の達人 2012年 02月号 [雑誌]

西荻夫婦 (フィールコミックスGOLD)

西荻夫婦 (フィールコミックスGOLD)

にしおぎBURARI

にしおぎBURARI