わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

松浦寿輝『巴』

 殴られた主人公が意識朦朧としているシーンなのだが、現代詩も書く松浦らしく、現実と非現実、あるいは過去と現在の混濁した様子を、とんでもない技巧で描いている。
 主人公の意識の混濁。そこで現れては消える過去の記憶は、どうやら主人公がからんだ妙な映画の内容と妙な部分でシンクロしているらしく。

巴

半島

半島

花腐し (講談社文庫)

花腐し (講談社文庫)