わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

保坂和志『明け方の猫』

 表題作。猫になった夢を見ている男。その、猫の様子と心理を克明に綴る。やわらかで肩の力が抜けているのだが、緻密な描写がつづく。

明け方の猫 (中公文庫)

明け方の猫 (中公文庫)

明け方の猫

明け方の猫

保坂和志の作品はこちら。