わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

暴力的でも威圧的でも破壊的でもないが

 五時四十五分、アラームに叩き起こされる。iPhoneに収録されている木琴のメロディだ。暴力的でも威圧的でも破壊的でもないというのに、驚いて飛び起きた。眠りの深さの問題もあるのだろう。

 曇天。だが雲に表情がある。

 麦次郎、ウンコもシッコも成功。コジコジは大人しい。

 仕事。某案件を手際よくメールで納品してから、別の案件に取りかかる。

 午後、一段落したので整形外科へ。TFCC損傷の治療。TFCCは治るのが遅いそうだ。一ヵ月でまだ完治できない、と思っていたのだが、一ヵ月でここまで痛みが取れるのはかなり早い、とのこと。もう少しこの痛みと付き合う必要がありそうだ。

 夕方、仕事再開。

 十八時、散歩へ。電動アシスト付き自転車の前後に子どもを乗せた母親をたくさん見かけた。ちょうど送り迎えの時間と重なったか。杉並は子どもが多い。本当に少子高齢化なのかと訝りたくなるが、一方でおばあちゃんも多い。

 夜は比較的のんびり過ごせた。

 

 

↓こんなタイプ。