わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

身に覚えのある神経質

 六時三十分起床。雨だ雨だと連呼する天気予報は外れたらしく、終日厚い雲に覆われていたものの、そこからぽつりぽつりと来ることはなかった。

 朝、コジコジのカゴを洗う。ものすごく不機嫌。何度も噛まれた。

 朝食後は「とと姉ちゃん」の最終回を見る。予想通りの終わり方。でもまあ、ととに会えてよかったよね。ここ数年で最終回でよかったのは「あまちゃん」と「花子とアン」だなあ。

 掃除。その後は麦次郎に、まだ血尿気味だが心配はないというので本当にさほど心配せぬまま、皮下輸液を170cc。その後買いだし。西荻窪駅近辺、妙に人が多い。

 昼食後は荻窪へ。

 クレームブリュレドーナツでコーヒーブレイク。テレビでも紹介され芸能人の差し入れにもよく使われるということだったが、期待以下だったのが残念。

 その後、妻と小一時間ウォーキング。

 夕食はなんちゃってジンギスカン

 食後はNHKのドラマ「漱石の妻」を観ながらエアロバイクをインターバルで18km。疲れた。ドラマはおもしろかった。が、長谷川博巳演じる漱石の神経質さは、少しだけだが自分に通じるところがあって、ちょっと観ていてつかった。

 

 

漱石の妻 (講談社文庫)

漱石の妻 (講談社文庫)