わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

がんばる麦次郎

 四時前に起床。ささっと身支度を済ませ、麦次郎の様子を見ながら仕事。数時間前よりは落ち着いているようだが、まだ目は開かない。

 九時、かかりつけの動物病院に電話。症状を話すと、すぐに連れてきてと指示される。妻(相模大野の催事、今日はお休みした)とタクシーで向かう。プラスチック製のキャリーでは足の関節が固くなっていてつらそうなので、ボストンバッグの内側にダンボールとペットシーツを敷いて、そこに入れて連れて行った。脳の腫瘍、そして脾臓の腫瘍が目に転移している可能性があるという。高齢すぎてCTスキャンで検査することはできないので、今感じている痛みや不快さを軽減し、毎日機嫌よく暮らせるようにするという基本方針で治療することに。皮下輸液へのステロイド抗生物質の追加、グリセリン経口投与、吐き気止め。ステロイド、今日の分は先生に打っていただいた。

 帰宅後、麦はどんどん回復。眼震はつづいているものの、目は取りあえず開いているし、まっすぐは無理だが、立って歩けるようにもなった。ひとまず安心したので、昼食後に仕事再開。寝不足なので、難しいところは手をつけず、できるところだけ進めた。残りは明日。

 夕方、昨日出せなかったコジコジを放鳥。ご機嫌で遊び回っている。

 夕食は納豆オムレツを食べた。

 

↓二十一時三十分、ゴハンを食べてお水も飲んで、いい感じで寝ている。寝場所は玄関。ここから離れる気はないらしい。うまく歩けないので、ここでおしっこしてしまうこと数回。だが人がいるときはペットシーツで受けてしまうし、うまく受けられなくても、床はタイル貼りだからすぐに掃除できる。

f:id:catkicker001:20170805213627j:plain