わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

無駄な増殖

 六時起床。今日も酷暑。午前中、念入りに掃除をするが掃除機が壊れていてコードレスを使っているからバッテリーが持たない。

 昨日、吉祥寺で買った無添加のパンで昼食。ハムやチーズやかいわれを挟んで楽しんだ。

 午後は仕事。某クライアントのパンフレット。構成は決まったから次は各ページの要点とそれに合った最適な資料の絞り込みなのだが、これが予想以上にてこずった。

 ランニングをする予定だったが、右足首と甲の痛み(接骨院の先生からは筋膜系のトラブルと言われている)がまだひかないので、今週はお休みに。エアロバイクを45分。それでも汗でTシャツはグシャグシャだ。

 

 腱鞘炎対策として筆記用具を見直しているのだが、あれこれ試していたらとんでもない数を無駄にしていることに気づいた。最初はいいなあと思っていても、すぐ痛みが来る。結局、一番安定して書きつづけられるのは、シャープペンシルではプラチナの「オレーヌ・シールド」(たったの200円、セリアやキャンドゥなら100円で買える)、ボールペンはぺんてるの「キャップ式エナージェル」(ユーロじゃないほう。シルバーの軸。200円くらいだったかな)。そして、意外に六角形の鉛筆(トンボのMONO100)がイイ感じ。期待していたし最初はいい漢字だったドクターグリップは、結局親指がどんどん痛んでしまってダメだったなあ。