わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

特別対談 大江健三郎+古井由吉「漱石100年後の小説家」

「新潮」2015年10月号掲載。現代日本を代表する二人の小説家が、漱石をどう読んできたか。今の時代において、ぼくたちは漱石にどんな可能性を見出せるのか…。

 大江さん、古井さんが大好きすぎて、一方的に話しまくっちゃってる感じでちょっとおちゃめだった。大江さんは辺野古の問題にも言及していた。

 

新潮 2015年 10 月号 [雑誌]

新潮 2015年 10 月号 [雑誌]

 

 

文学の淵を渡る

文学の淵を渡る

 

 

 

 

大江健三郎の作品はこちら。

古井由吉の作品はこちら。