わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

古井由吉「地蔵丸」

「新潮」八月号掲載。泣きわめく子どもが菩薩の仮の姿、という昔の物語からゆるやかに作品ははじまり、時鳥の声にまつわる思い出、記憶から、少しずつ若いころから壮年期にかけて経験した、鳥の鳴き声、そして音自体、あるいは聞こえるはずのない音、に、冷静になる自分や振り回されかける自分、の姿が、描き出されてゆく。幽玄なる映像に、妙にクリアな音の響きの感覚が重なってゆく。この奇妙なずれこそが、老いということなのだろうか。時には視覚と聴覚の立場が逆転することもあるのだろう……。

新潮 2012年 08月号 [雑誌]

新潮 2012年 08月号 [雑誌]

古井由吉の作品はこちら。