わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

要求の嵐、毎朝の儀式

 花子に噛まれて目が覚めた。三時三十分。朝ゴハンを催促したらしい。ゴハンを与え、水も飲ませ、二度寝。今度は五時に起こされた。六時まで眠りたかったがしつこくせかされたので五時半に根を上げてしまった。起きれば気が済むだろうと思ったが、今度は足元にまとわりついて、ちょっとでも気に入らなければ、ふにゃんふにゃんと小刻みに鳴いて不満を訴える。ほったらかして洗顔だの着替えだのをしていると、今度はかまってくれ、ブラシをしてくれ、腹を撫でろ、と要求の嵐。まあ、これは毎朝の儀式のようなものではあるのだが。猫飼いの義務のようなもの。たしか、保坂和志さんもエッセイで、毎朝決まって猫が大騒ぎして、落ち着くまでにかなりの時間がかかると書いていたような。猫が静まってからが執筆時間になるらしい。ぼくもおなじだ。
 仕事。某百貨店企画、某大学広報など。終日書斎に籠もって、黙々と作業した。