わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

熊野純彦「美と倫理とのはざまで カントの世界像をめぐって」(6)

「群像」2016年4月号掲載。副題は「演繹の問題と経験を超えるもの --趣味判断の演繹と趣味のアンチノミー--」。

 読んだいる間はある程度理解できているのだけれど、ここにコンパクトにまとめるのが難しい……。

 

 

群像 2016年 04 月号 [雑誌]

群像 2016年 04 月号 [雑誌]

 

熊野純彦の作品はこちら。