わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

ぼけられると困る、ツッコミが甘くなる

 五時四十五分起床。今朝も麦次郎と外を眺める。カルガモの親子が元気よく善福寺川を泳いでいた。ちびっ子は八羽もいた。気ままに蛇行したり止まったり水面をつついたり。

 午前中は東京ビッグサイトへ。教育ITソリューションEXPOに出展している得意先のブースへ挨拶に行く。ぼくがディスプレイ展示のコピーを書いたというのに、ご担当者に「よかったらご説明しましょうか」とぼけられ、困ってしまった。「私がコピー担当しておりますから」と笑いながらソフトにツッコミを入れたら、「存じ上げております」とボケを重ねられた。こういうときは、どうしたらいいんだろう。

 荻窪駅で食事してから帰宅。昨夜からレストランフロアにあるラーメン屋さん(名前は知らん)のえびワンタン麵が無性に食べたくなり、ついに飛び込んでしまった。ベースは塩ラーメン。ワンタンに胡麻油が練り込んであって香ばしい。上に乗っている青菜も胡麻油で炒めてあって、これまた香ばしい。女性のお客が多かった。

f:id:catkicker001:20160520134532j:plain

 

 戻ってからは黙々と仕事。

 夜、コジコジを外に出す。最近、握られるのがイヤらしい。

 

 

f:id:catkicker001:20160518193751j:plain