わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

むっちりした猫と振袖お嬢さん

 五時四十五分起床。薄い雲からかすかに陽が差しているように見えるのだが、雨はまだ降りつづいている。狐の嫁入りというには日差しが弱すぎるのだが、やはり奇怪だ。

 麦次郎は朝からゴキゲン。ダイソーで買った毛玉取りブラシを猫用にしてみたら非常に具合がいいようで、毛が滑らかになった。本人も気持ちよさそうだ。コジコジはいつも通り。

 成人の日。もう四半世紀以上前なのか。大学の試験の真っ最中だったのでとっとと帰宅し、マックス・ヴェーバーを読んだことが強烈に記憶に残っている。雪だったなあ。

 祝日ではあるが、朝から仕事。某案件の企画書作成。午前中でなんとか終わりそうだったが午後にこぼれた。やはりやり残していた事務処理を済ませ、十五時に業務終了。走ることにした。大晦日にふくらはぎを軽く痛めてから、初めてのランニング。シューズはケガした時に履いていたGT-2000-4(これでハーフマラソンに出るつもりだった)ではなく、WAVE ENIGMA 5に。体が回復していたということもあるのだろうが、やはりぼくにはこのシューズが合っている。6分前半/kmというスローペースで7.5km走ったが、まったく問題ない。週末のハーフマラソン、なんとかなりそうだ。ランニング中、むっちりした猫三匹と、振袖お嬢さん三人を見かけた。

 夕食はピザ。録画しておいた「検索ちゃんネタ祭り」を見ながら食べた。30分くらいで止めちゃったけど。ピコ太郎の音楽的な幅の広さ、短い曲をかっちり仕上げる構成力の高さに驚いた。おもしろいしね。オードリーもよかった。

 

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)

 

 

  

猫の日本史 (歴史新書)

猫の日本史 (歴史新書)

 

 

NyAERA (ニャエラ) (AERA増刊)

NyAERA (ニャエラ) (AERA増刊)