わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

金塊

 五時三十分起床。肌寒かったのでタオルケットではなく薄手の布団をかぶって寝たのは正解だったようだ。夏の気配がまるでうせた朝。ベランダの観葉植物の土はまだしっとりと湿ったままだ。雲の表情も、夏の威圧的な白さや陰影はまるでない。

 仕事。ある場所のわかっている金塊を土の中から掘り出すような、おかしな感覚にとらわれながら作業。

 接骨院。足の甲の捻挫、完治。ただしぶりかえす可能性もあるので、もし痛んだらすぐに来るように、と言われた。

 パンで昼食。新品のオーブントースターが届いたので焼いてみた。やはり新品はしっかり焼ける。焼き上がりまでの残り時間を表示する機能がついていて、これがさりげなく便利だ。

 午後も書斎にこもって作業。

 夕方は4kmほど早めペースでウォーキングしてみた。問題なさそうだ。だが走るのは週末までガマンだな。

 夜、コジコジを放鳥。小松菜を食べてから吐き戻しをしたので、口が深緑色に汚くなっている。