わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

無言の圧力

 六時二十分起床。麦次郎、ドアのそばから無言の圧力。市原悦子か、とツッコミを入れつつ、慌ててゴハンを用意する。珍しく鳴き叫ばなかった。

 雨。低気圧で体調を崩すことが多いので少し心配だったが、ドウブツたちは快調の様子。

 午前中は掃除。十一時三十分、早めの昼食。十二時過ぎ、カミサンは雨の中個展会場へ。ぼくは麦次郎を抱きかかえた状態で軽く仮眠。その後、買い出しへ。牛筋など購入。

 夕方、牛筋カレーをつくった。牛筋を下ゆでしてから、みじん切りした香味野菜、ワイン、トマトジュースと一緒に圧力鍋で煮込む。煮込みながら、フライパンでタマネギをよーく炒め、カレー粉とスパイスを混ぜて自家製ルーが完成。これでさらに煮込む。で、塩味を整えて完成。つくり終えたところで、エアロバイクをしながらカミサンが帰るのを、ヒモになったような気分で待つ。バイク、30kmを70分。

 十九時過ぎ、カミサン帰宅。大盛況だったとのこと。

 二十時、夕食。カレー,イメージとはかなり違う趣だったが、味のほうは満足。カレーって、再現率低いんだよねえ。おなじ味は二度とつくれない。

f:id:catkicker001:20151108201457j:plain