わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

微かに焦げの

 六時三十分起床。眠い。冷え込みも日々少しずつ厳しさが重なる。だが日差しは明るい。布団を干そうかと思ったが、どうやら近くで火事があったようで、けたたましいサイレンの音と共に、微かに焦げのような臭いをまとった風が吹き込んでくるので、やめておいた。

 午前中は掃除。午後は仕事。

 夕方は牛すね肉でカレーをつくった。圧力鍋で30分、香味野菜のすりおろしとトマトジュースで煮込んだ。水は一滴も使っていない。

 

↓調理中。圧力鍋から普通の鍋に移した。

f:id:catkicker001:20171112190411j:plain