わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2016-08-11から1日間の記事一覧

中上健次『熱風』

オカマとの会話、ノリも内容もグダグダ。これ、中上的なリアリズムなんだろうなあ。 千年の愉楽 (河出文庫―BUNGEI Collection) 作者: 中上健次 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 1992/10 メディア: 文庫 購入: 8人 クリック: 51回 この商品を含むブロ…

カフェメシから遠く離れて

五時三十分、麦次郎にゴハンあげなきゃ、と義務的に目が覚めてしまう。部屋のなかのわずかな熱と湿度は不快さを感じるほどではないのだが、重く引きずるような目覚めを誘う。 山の日。そのうち、川の日ができるに違いない。 妻は今日もイベントのために相模…