わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2019-11-12から1日間の記事一覧

保坂和志「鉄の胡蝶は歳月の夢は記憶に彫るか」(17)

「群像」2019年12月号掲載。ションベンの記憶のオンパレード。おもしろいなあ。特に小学生の時のションベン競争。ぼくはここまでひどいションベンをしたことないけど。 メディア: この商品を含むブログを見る ハレルヤ 作者: 保坂和志 出版社/メーカー: 新潮…

油断

五時四十五分起床。痔はすっかり回復できたように思えるが、油断して薬をやめたり負担のかかるハードな運動をしたり鬱血するほど長時間座ったりすればたちまち再発するのだろう。気を緩めたらアカン、と何度も自分に言い聞かせながら身支度を進めた。 午前中…