わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

おしっこ失敗

真夜中のトイレ掃除、その理由は極めて情けない

二時ごろだろうか、尿意をもよおし目を覚ます。トイレへ。自宅では小便は便座にこしかけてすることにしている。いつものようにズボンとパンツを降ろし、寝ぼけ眼で便座に座ったわけだが、放尿開始からどれくらいたってからか、といっても小便の時間なぞほん…

合計八粒ではじまる

六時三十分起床。晴れ。廊下にウンコが三粒。猫トイレのなかには五粒。合計八粒。トータルするとそれなりの量は出ているが、ひと粒ひと粒が石ころのように固い。ぺたんと潰れれば碁石になりそうだ。水分が足りないのか。 コジコジのカゴを掃除。晴れているせ…

肉球の色は変わる

今日も六時三十分起床。曇天。 麦次郎、今朝も盛大におしっこをこぼした。拡散エリアが過去最高クラス。朝日のささない暗い部屋で尿の始末を黙々と。すべて拭き清めるのにウエットティッシュ二枚を要した。ワイドサイズのペットシーツをネットで購入した。 …

おしっこ失敗と便秘の仮説

六時三十分起床。麦次郎が起こしに来なかったので調子が狂う。体調でも悪いのかと少しだけ心配したがそんなことはなく、いつものように水を飲んだ後に大騒ぎし、オシッコは豪快に大失敗、猫トイレの外側に全部こぼした。年を取るにつれてだらしなくなってき…

人体の神秘

六時起床。雨粒を見つけるのに少々苦労する程度の、軽い軽い小雨。朝から麦次郎がトイレを失敗。トイレに入ってやってくれるのはいいのだが、しっかりしゃがまなかったらしい。おしっこのほとんどが、猫トイレのフードカバーと下の本体のつぎめから外に漏れ…