わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

福永信「店」

「新潮」2015年12月号掲載。『一一一一一』『星座から見た地球』など、実験的な意欲作の多い作家。実験性だけで考えれば、80年代の高橋源一郎以上じゃないかな。

 書くと死ぬ病気になってしまった元ライターの男のもとに、とある編集者から執筆依頼が舞い込むのだが…。この男から、編集者への手紙というかたちで作品世界は展開してゆく。

 意図的な誤字、そしてわざと下ネタに誤解させようとする卑猥的ダブルミーニング描写。まだ読了していないから、これらがどんな意図のもとで行われているのかがよくわからない。けど、今のところおもしろいです。

 それにしても。先月の筒井康隆モナドの領域」といい本作といい、古井さんの私小説的連作といい、最近の「新潮」は ぶっとんでるよなあ。

新潮 2015年 12 月号 [雑誌]

新潮 2015年 12 月号 [雑誌]

 

 

 

一一一一一(イチイチイチイチイチ)

一一一一一(イチイチイチイチイチ)

 

 

星座から見た地球

星座から見た地球

 

福永信の作品はこちら。