わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

山本耀司・朝倉優佳「画と機」(東京オペラシティ アートギャラリー)

 Yohji Yamamotoファンとしては絶対に見逃せない展覧会、ということで行ってみた。「ガキみたいに絵を描く」と言っていた山本耀司の言葉どおり、ジジイなのに若いエネルギーが感じられるタッチのラフなペインティング。正直言って絵のほうは感銘を受けたものは少なかったのだけれど(アクリルパネルに両側から人のカタチを自由に描いた作品はおもしろかったし、不思議と引きつけられた。ほかは、デザイン画に限りなく近いものはやはりタッチがこなれているせいか、おおっと思わせられた)、やはり朝倉のテキスタイルを使った服飾作品のインスタレーションが一番おもしろかったかな。ヨウジさん、そのエネルギーでもうしばらく服のほうもがんばってください。ここ数年は傑作ぞろいなので、意欲も緊張も維持するのが大変だろうけど。展覧会の記念Tシャツをゲット。松岡正剛のエッセイをそのままデザイン化しちゃった、大胆な作品。

 同時に、所蔵作品展も楽しんできた。内田あぐり、小嶋悠司、桐笠昌義、鴨居玲といった画家たちは初見(だと思う)だが、すごく気になった。野獣のような裸婦とか。長谷川潔の女性を描いた作品もおもしろかったな。それから、村上早という若手作家の作品。わかりやすいモチーフにもかかわらず理解しにくい、不思議な世界観に惹かれた。ちょっと心の闇が深そうだけれど。

www.operacity.jp

 

↓なんと撮影OKでした。

f:id:catkicker001:20170218145836j:plain

f:id:catkicker001:20170218145907j:plain

f:id:catkicker001:20170218150006j:plain

f:id:catkicker001:20170218150127j:plain

f:id:catkicker001:20170218150307j:plain

f:id:catkicker001:20170218185452j:plain

 

↓妻が撮影。ワタクシがまぎれこんでおります。どこでしょう?(妻も紛れ込んでいたと思うけどね)

f:id:catkicker001:20170218232655j:plain