わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

低血圧ではない

 五時三十分、自然に目が覚める。まだ深夜にハッと目が覚めてしまうこともある。麦次郎の様子チェックが無意識にまですり込まれていたのだなあ、と実感する。昨日アホみたいに低くなっていた血圧は、今日は平常に戻っていた。

 身支度、コジコジのカゴ掃除。今日は止まり木がゲロまみれになっていた。

 仕事。某イベント用ブースの企画を延々と。超繁忙状態からは脱却しつつある。今日は夕方に一時間ほどウォーキングする余裕ができた。木槿百日紅の花が散りはじめていた。井草八幡の前を歩いていた時には、蜩の声が遠くから聞こえた。八月は夏らしい日を迎えることなく秋になりつつある。

 

百日紅、と言えば。

百日紅 (上) (ちくま文庫)

百日紅 (上) (ちくま文庫)

 
百日紅 (下) (ちくま文庫)

百日紅 (下) (ちくま文庫)