わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

三浦雅士「言語の政治学」(4)

「群像」2016年11月号掲載。折口と大岡信の、まさかの精神的共通点。なるほど、大岡は笑いをうまく取り入れているのに対し、折口は笑いから距離を置き重く湿った方向に向かいがちだけれど、ともに直感的かつ切り込み方の深さは共通していると言われればそんな気がしてくる。どちらもマトモに読んだことはないけど。読んでいる評論の引用ばかりだから、一度くらいまともに通読したほうがいいのかもな。

 

 

群像 2016年 11 月号 [雑誌]

群像 2016年 11 月号 [雑誌]

 

 

 

三浦雅士の作品はこちら。