わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

走らない

 六時二十分起床。目覚めてもなお軽い疲労感を感じているのは、昨晩いつもよりハードにやった体幹レーニングが原因か。インストラクターに教わったかのようにきちんと体勢を取り、ゆっくり、丁寧にこなしたせいだろう。ケツの筋肉が特に疲労している。筋肉痛ではないのだが、固くなったような違和感を感じる。

 午前中はせっせと掃除。昼食後は仕事。夕方は少し走ろうかと思ったが、小雨が降っているので中止にした。風邪がぶり返してしまったら元も子もない。走るのやーめた、と思った途端に気が抜けたのか、猛烈な眠気を感じ、二時間ほどきちんと布団をかぶって横になった。そういえば、今月は気管支炎が長引いたせいで、まだ一日も走っていないんだよなあ。

 夜、テレビ朝日の超常現象番組の特番を観た。否定派も肯定派も納得できる意見がほとんど出ない。ぼくは、ああいった目撃談の9割はいわゆる勘違いで科学的に説明が付くと思っている。残り1割は現代の科学では説明のつかないもの、そして科学の範疇を超えているもの。そもそも科学は万能ではない。人間は宇宙を司る科学法則のことをまだほとんど知らないはずなのだから。

 

▼そろそろ、ランニングシューズが寿命なんだよなあ。