わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

二日目のカレー

 なんだか早く目が覚めちゃったなあ、もう少し寝たいなあ、と思いながら時計を見ると、まだ一時半だった。布団に入ってから一時間しか経っていない。なんだ、この感覚は。この一時間で、五時間分くらい深く眠れたということか。それとも、どこかがブッ壊れているのか。五時半、まともに起床。曇天。

 仕事。某案件の、緊急依頼の追加作業に集中する。

 西荻の老舗ベーカリー「アンセン」と「藤の木」のパンで昼食。

 午後も同じ案件。某印刷会社のカレンダー専門のベテランディレクター氏から仕事の依頼が来た。緊張感の高い内容。

 夕食はカレーを食べた。実は昨日も食べている。二日目のカレーだ。

 

 読書は保坂和志「鉄の胡蝶は記憶の夢は歳月を彫るか」(8)(「群像」2019年3月号掲載)。物語性はほぼ失われ、断片同士が思いがけぬ結合をしたり離反したりを繰り返しながら、複雑な幾何学模様を描いている。その模様が、閉じている。世界がどんどん狭くなっていく。そんな感覚にとらわれてしまう。…今月号も多分タイトルのてにおはが変わっているのだと思うが、めんどくさいからもう確認してない。

 

群像 2019年 03 月号 [雑誌]

群像 2019年 03 月号 [雑誌]

 

 

 

ハレルヤ

ハレルヤ

 
カフカ式練習帳 (河出文庫)

カフカ式練習帳 (河出文庫)

 
未明の闘争

未明の闘争